施工管理の仕事をするには求人倍率なども把握しておこう

建築業界で働きたいと考えている方におすすめの情報

将来は建築関連の仕事をしたいと考える場合、建築業界や職種ごとの特徴などを把握した上で準備を進めることが大切です。建築業界の仕事には、現場での作業の他にも施工管理なども存在します。それぞれの職種によって仕事内容や求人倍率などに違いがあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

一口に「施工管理」と言っても、設備や機械、建築、土木、電気といった各分野によって仕事内容が異なります。とは言うものの、どの分野においても、施工管理者は現場のプロジェクトを統括し、施工計画や目的の達成、品質、工程、原価、安全管理などを行うという共通点があります。現場の作業員を取りまとめる仕事をするには、それなりのスキルが要求されます。また、分野によっては専門的な知識が必要となることもありますが、未経験者の募集が行われているケースもあります。

施工管理の仕事を探す場合には、求人情報の収集方法にも気を配りましょう。求人情報を提供する業者の中でも、日本全国の案件を取り扱っているところは多彩なシーンで活用することが可能です。自宅からほど近いエリアで働くことができれば、住居の移転や通勤にかかる負担も軽くて済むでしょう。また、仕事を探す際に専門業者のサポートを受ける場合、就労後のフォローまでしっかりと行ってくれる会社を選ぶのがおすすめです。例えば、入社祝い金や寮完備といった特典が受けられれば、就労後の生活も豊かになることでしょう。

施工管理の需要や仕事内容について

施工管理の仕事をしたいのであれば、求人倍率の動向などに気を配りつつ就職活動を行うことが大切なファクターです。とは言え、施工管理に限らず建築関連の仕事は、人間が日常生活を送るために必要不可欠なものと言えます。そのため、今後も安定した需要が見込まれることは確かです。特に、オリンピックなどの大規模なイベントが開催されるのに先立っては業界内のニーズが高まり、建築関連の求人も増えることが予想されます。有利な条件で就職活動を行いたいという方は、そのような時期を狙ってアクションを起こしてみるのも良いでしょう。

次に、施工管理の仕事内容についても事前に理解を深めておきましょう。この仕事の場合、現場の作業と比較すると肉体的な負担は軽くなりますが、その反面背負い込む責任は重大になります。現場の作業員がミスや不当行為を犯した場合、その責任を施工管理者が負わなければならないケースもあり得ます。また、工事の進捗状況を把握して予定通りに施工されるよう取り計らうのはもちろんのこと、クライアントから何らかの相談や依頼を受けた場合には、その都度対応する必要があります。そして、現場の安全性や作業品質の管理も大切な仕事内容です。現場には定められたルールがあるので、それを作業員に遵守させるべく、時には厳しい態度で仕事に取り組まなければなりません。また、クライアントや作業員との意思疎通や情報交換は必須条件なので、コミュニケーション能力も問われることとなります。作業の進捗状況や現場での注意点などを把握することはもちろん、それらを相手が理解できるように説明する能力がなければ、施工管理の仕事は務まりませんが、その分やりがいのある仕事と言えます。

就職活動を行うに際してのチェックポイントはこちら

求人倍率から人気が高いことが分かる施工管理者となるためには、所定の採用試験を受けて合格しなければいけません。そのため、採用されたとしても、仕事をこなせるだけのスキルをきちんと持っていなければ、この仕事は務まりません。この仕事は現場での作業のように肉体労働は少ないものの、さまざまなスキルが求められるものと言えます。

施工管理に限った話ではありませんが、建築関連の仕事は、社会的意義が大きい分だけやりがいを感じることができるでしょう。自分の手掛けた建築物が完成した瞬間や、クライアントから感謝の気持ちを伝えられた時には大きな達成感や満足感が得られます。ただし、その一方で人命にかかわる重大な責任を負っていることも忘れてはいけません。

どのような仕事にも言えることですが、施工管理においても現場での経験を積むことは、自分のスキルを高めるために役立ちます。さまざまな経験をする中で、効率よく仕事を行うための方法を見つけ出すことができるでしょう。そして、現場の作業員との間に信頼関係を構築し、自社やクライアントに貢献することが成功への近道と言えます。

施工管理に関連する求人情報は、ウェブサイトから収集することも可能になります。オンライン上のサービスは時間や場所の制約が少ないため、忙しい人が効率よく就職活動を行うためにも役立ちます。施工管理の求人情報サイトもさまざまな種類がありますが、中でも地域や応募条件の選択肢が豊富に揃っている場合は活用シーンが多くなります。