施工管理者としてキャリアアップを果たしたい方のために

建築業界でステップアップを果たしたいと考えている方へ

建築業界では、作業現場の職人以外に施工管理者の求人募集も行なわれています。この業界でキャリアアップを果たしたいと考えるのであれば、それぞれの経験やスキルに見合った仕事を見つけ出すことが大切になります。身の丈に合った仕事をそつなくこなして周りの人たちとの信頼関係を構築していけば、業界内でステップアップする道も開けることでしょう。

同じように施工管理の仕事を探していても、人によって実務経験やスキルに違いがあります。自分に合った求人を見つけるためには、利用する情報媒体や業者の選び方にも気を配ることが大切な条件です。中でも、幅広い層の求職者を対象とした案件を取り扱っている媒体や業者は、さまざまな場面で活用することが可能になります。

次に、施工管理者になることを目指して就職活動を行なう場合、どうしても採用されることにばかり気を取られがちです。確かに採用されなければ仕事は始められませんが、就労後の生活にも注目しておくことが大事です。採用はされたものの、現場で働いてみて自分に合わない仕事だと感じたなら、早期に退職せざるを得なくなるリスクも生じてきます。そのような失敗をしないために、就職活動の時から就労後の生活をイメージして、適切な対策を講じておくことをおすすめします。求人案件によっては、入社時に祝い金が支給されるものや、寮完備などの条件が付いているものもあります。それらの特典を上手に利用することで、就労後の生活に潤いを与えることができます。

施工管理の仕事に関するコンテンツ

施工管理者は、現場の作業員を統括する立場にあるスタッフです。そのため、この仕事をする上では重大な責任を負い、リーダーシップやコミュニケーションスキルも問われることとなります。管理業務のジャンルによっては専門的な知識が必要となる場合もありますが、この業界では未経験者の募集も行なわれています。したがって、未経験の状態から施工管理の仕事をスタートし、キャリアアップを果たすことも可能になります。

施工管理者となるための就職活動を行なうにあたって、現場での実務経験やスキルはアピールポイントになります。ただし、求職者によっては現場で働いた経験はないものの、スキルはある程度身についているというケースもあります。そのような場合には、未経験者歓迎という条件のある求人案件に応募し、自身のスキルをアピールして就職活動を行なうと良いでしょう。

次に、施工管理の仕事を探す場合は、専門の業者によるサポートを受けるのもおすすめの方法です。求人情報はウェブサイトなどを通じて収集することが可能ですが、さらに充実したサービスを受けたいと考える場合には専門業者の利用も検討すると良いでしょう。業者の中でも、これまでに数多くの案件を紹介してきた実績を持っているところは、安心して利用することができます。また、過去に輩出したスタッフの業界内での活躍ぶりもチェックポイントの一つです。中でも就労後の早期退職者が少なくメンバーの定着率が高い場合は、良質なサービスの提供が期待されます。そして業界内でのステップアップを目指すのであれば、正社員登用制度の有無なども確認しておくと良いでしょう。業者の中には、正社員雇用を前提として求職者を受け入れているところもあります。

自分の適性を正確に見定めてから就職活動をスタートすることが大切

施工管理の仕事をスタートして、さらに業界内でのキャリアアップを果たしたいと考える場合には、まず自分の適性を正しく把握することから始めると良いでしょう。「好きこそ物の上手なれ」と言われるように、自分の好きなことを仕事にすることができれば、働く上でのモチベーションも高くなります。その一方で、「下手の横好き」という格言もあるように、いくら好きでも必要なスキルが備わっていなければ、現場の仕事は勤まりません。

建築士は主として建築物の設計業務を担当しますが、施工管理技士は工事の全体的な管理を行ないます。建築士によって設計された内容が活かされるかどうかは、施工管理技士の仕事ぶりにかかっています。また、施工管理の仕事には現場での安全管理も含まれます。建築物の施工は一つ間違えれば重大な事故にもつながりかねないので、施工管理者には慎重な判断や注意力、危機管理能力が問われることとなります。そして、工事現場では数多くの職人たちが協力し合って働いています。職人たちのチームワークが乱れてしまうと、作業の進行状況に停滞や遅延が生じたり作業品質が下がったりするだけではなく、重大事故が発生するリスクも生じてきます。そのようなリスクを回避するために、現場の職人たちを取りまとめるのも施工管理者の役割です。その他に、計画性があり物事に集中して取り組める人も、この仕事に対する適性があると言って良いでしょう。