電気工事士ってどんなお仕事?必要な資格などを解説

ここでは、電気工事士の詳しい仕事内容と、仕事をするのに必要な資格や、受験資格について紹介します。
電気工事に興味がある方や、将来電気工事士を目指している方は、是非参考にしてください。

電気工事士の仕事内容と役割

電気は、現代社会にはなくてはならないライフラインの1つです。
私たちは朝起きたときから夜寝るまで、常に電気のお世話になっていて、たとえ山奥へキャンプに出掛けても、電気は必需品であることが、キャンプ中に周りを見てみるとよく分かるでしょう。

電気工事士とは、簡単にいえば、私たちが毎日当たり前に使っている電気を、安全に利用できるように工事・管理する人です。
普段家庭や職場で電気製品を使用する際に、危険を伴うことはまずありませんが、電気の扱い方を間違えると、家の中で感電事故に遭うことも、電気が原因で火災が発生することもあります。

電気工事の専門家が建物の施工や管理を行わないことにより、落雷事故が起きて命を落としてしまうこともあるのです。
電気工事士は、ただ電気が使えるように作業をするだけではなく、安全に電気を利用できるように考えて施工・設計して、工事の欠陥による災害を防ぐ役割を担っています。

電気工事には2つの分野が存在する

電気工事士の主な仕事は、一般住宅やマンション、アパート、オフィスビル、商業施設、病院、学校など、さまざまな建物の屋内外の電気を使えるように、設計・施工することです。

具体的には、日常生活を送ったり、仕事を行ったり、買い物をしたり、勉強したり、治療を行う際に必要な照明器具やコンセントや、電気関連設備の配線をし、設置する仕事です。

ほかにも、電気設備や器具のメンテナンスや修理を行ったり、ときには電球を交換するなど、電気工事士の仕事は多岐に渡り、あらゆる建設物の電気工事を行うのが「建設電気工事」という分野です。
これに対して、世界1正確に運行しているとも呼ばれている日本の鉄道の、電気設備を支えるのが、「鉄道電気工事」という分野です。

ご存知のとおり電車の動力源は電気で、それを正確に走らせるためには、さまざまな電気設備が必要です。
電車に電気を送る架線のほかにも、信号システム、踏切や通信設備を稼働させるための設備、駅構内の照明や通信設備、電力を供給させる変電所や発電所まで、鉄道には建物以上に大掛かりな電工工事が必要です。

鉄道に関する電気設備が故障すると、数え切れないほどの人へ迷惑や不便をかけてしまうため、各設備の設計・施工だけではなく、常にメンテナンスなどの保守業務を行うことが必要となり、この分野に参入するには、建設電気工事業者よりも多くの厳しい条件をクリアしいなければいけません。

資格がなくても電気工事はできる

私たちの安全を守る役割を担う電気工事士になるには、難しい試験にパスして、資格を取得しなければいけないと思って当然ですが、実は電気工事に携わるのに、必ず資格が必要なわけではありません。

実際に、建設現場で電気工事を行っている多くの方が、無資格で仕事を行っている現実があり、少子高齢化が加速して行く中、今後はますます肉体労働でもある電気工事の仕事への成手の減少が予想されますので、無資格者の数が増加することも考えられます。

ただし、多岐に渡る電気工事の仕事の中には、資格を持っていないとできない業務もあって、無資格者ができる仕事の中心となるのが、資格を持った職人さんの補助作業や荷物運びや清掃作業となり、得られる収入も有資格者に比べるとかなり少なくなるでしょう。

電気工事に必要な資格は2つ

電気工事士の資格には、「第二種電気工事士」と「第一種電気工事士」の2種類があって、いずれも国家資格です。
第一種電工事士が上位資格となり、一般的には第二種電気工事士の資格取得からチャレンジすることになるでしょう。

第一種と第二種では、工事ができる範囲が異なり、第二種の場合は、一般住宅、小規模な店舗や事務所などの、電圧が600V以下の電気工事に限られるのに対して、第一種では、ビルや大型店舗などの、最大電力が500KW未満の大規模な電気工事に携わることが可能です。

誰にでも受験資格はある

第二種電気工事士の資格を持っているより、第一種電気工事士の資格を持っていたほうが、行うことができる工事の幅も広がり、就職や転職する場合も有利となり、収入面でも変わってきます。

第一種電気工事士の免状発行については、3年~5年の実務経験が必要となり、電気工事士の試験を受験するために、必要な資格はまったくありません。

もちろん年齢制限も設けられていませんし、学歴も問われません。
したがって、10代で受験される方もいれば、60代ではじめてチャレンジする方もいます。
最終学歴も中卒から大卒までさまざまで、当然第一種電気工事士のほうが難易度はアップしますが、それほど難しい試験ではないといわれています。

試験は筆記試験・技能試験から構成されており、いずれも合格率は5割を上回っていて、2人に1人以上は合格しているので、きちんと対策をして臨めば、1発合格も夢ではありません。

資格がなければできない仕事がたくさんある

電気工事士の主な仕事は、住宅やビル、病院、店舗、工場、学校などの、ありとあらゆる建設物の、電気設備の設計と施工を行うことです。
電気工事の仕事に携わるには、絶対に資格が必要なわけではありませんが、電気工事の仕事内容は多岐に渡り、資格がなければできない作業もたくさんあって、所有する資格によって、業務範囲も得られる収入も大きく変わってきます。