建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

希望する内容の土木求人を効率的に探す方法とは?

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 希望する内容の土木求人を効率的に探す方法とは?

希望する内容の土木求人を効率的に探す方法とは?

土木関連の求人動向はどうなっているか



道路・湾岸工事・鉄道・上下水道などの工事を行う土木業界も、震災関連の復興事業や東京五輪開催に伴う首都圏のインフラ整備によって、安定した業績を残している業界の一つです。土木も建築物や施設などを作るので、建築業界と同じようなものだと考えている人もいますが、建築は建物を扱うのに対して、土木は地中や土地の表面を扱います。建築物は目立つので建築関係の仕事内容はイメージしやすいのですが、土木は工事が終了して建物などが建ってしまうと、作業した内容が分からないことも多いので、良く知らない人はイメージしにくい分野となっています。しかし、土木は社会にとって必要な技術であることに変わりなく、最新技術を応用した機器なども数多く使用されるようになりました。土木作業の現状を知れば、昔ながらの肉体労働とはかけ離れたものであることが分かるでしょう。

ただ、土木関係も、人手不足になっている業界です。ベテランの作業者は少しずつ引退して行きますが、若い世代が土木関係の仕事につく人が少なくなっており、人手不足の状態が続いています。そのため、土木求人の内容も、ただ仕事の内容や給与などを記載するだけではなく、福利厚生面が充実していることや資格を取得したい人を支援する制度などがあることをアピールするようになりました。実際に作業する現場についても、働きやすい環境にするために、教育体制や勤務体系などの見直しがされていますし、女性でも働きやすいようにと女性用のトイレや更衣室を整備するなどの努力も行われています。



土木の仕事を見つける方法とは?



1次下請け・2次下請け・3次下請けなどで工事をする土木関係の中小企業も少なくありませんが、証券市場に上場するような大手企業からの土木求人も数多くあります。そのような土木求人を探すには、インターネットを活用するのが一番です。求人誌・新聞・公的就職支援機関なども就職先を探すのに有効な手段ですが、全ての業種を扱っているので、希望する土木関係の仕事を見つけるのは大変な作業となります。その点インターネットを活用すれば、自宅にいながら好きな時に求人情報を検索することが可能です。仕事を終えて夕食を済ませた後や時間が自由に使える休日でも、思うように土木求人が探せます。

しかし、効率的に土木求人を探すためは、探し方にも工夫が必要です。就職したい企業の公式ホームページを訪問して求人情報を探したり、大きな求人サイトを使って検索したりするのも良いのですが、より効率的に求人情報を見付けるには、土木などの特定分野の求人を中心に扱う求人サイトを使うのが適切です。土木などを中心とする求人サイトなら、関係のない仕事を除外する作業も不要ですし、土木についての求人情報に関しても、有意義な情報が豊富に得られます。それに、求人サイトの運営者も、土木業界特有の常識などを理解していますので、仕事選びや就職に際しての相談にも応じてもらえます。特に土木関係の仕事の経験が少なかったり、他の業界から就職するような場合は、的を射たアドバイスは大変に貴重です。土木関係の仕事に欠かせない知識や、就職してから気付くことなどが先に得られる機会がありますので、土木などを中心として扱う求人サイトを利用しましょう。



就職で有利になる土木関係の資格とは?



実際に土木求人の情報を見てみると、土木に関連した資格を持っていると優遇されるのが分かります。土木関連の資格としては、土木施工管理技士・舗装施工管理技士・測量士などがあります。土木施工管理技士は国土交通省が管轄する国家資格で、土木などの業務における管理技術者であることを認定する資格です。土木施工管理技士になるためには試験を受けて合格しなくてはなりませんが、1級・2級共に受験するには一定の業務経験が必要となります。土木施工管理技士の資格を取得すれば、施工管理の仕事ができるので、就職する際に大変に有利になる資格です。

舗装施工管理技士は、舗装工事に関する施工技術の向上などを目的とした資格で、取得していれば道路工事などを行う会社への就職に役立ちます。舗装施工管理技士も、受験資格を持った人が試験に合格して、取得できる資格です。測量士は、測量業務をする業者に必須の資格となっています。

こうした土木関係の就職で役に立つ資格は、業務経験があることが条件となっているものが多いので、まず実務を経験しながら自分なりに資格取得の勉強をしたり、会社の支援制度を利用して取得したりしなくてはなりません。もちろん、実務を遂行できる実力が優先されますが、資格を持っていると就職に有利になるだけではなく、仕事や待遇でも優遇されることが多いので、土木関係の仕事を続けるのであれば資格取得を目指すことも検討するといいでしょう。どの資格試験についても書籍が販売されていたり、試験対策講座などがあったりしますので、試験に合格するための情報が入手しやすくなっています。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI