建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

建築における施工管理業務の内容と資格、求人サイトの利用

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 建築における施工管理業務の内容と資格、求人サイトの利用

建築における施工管理業務の内容と資格、求人サイトの利用

建築における施工管理業務



施工管理とは、建築業会における工程管理や安全管理、品質管理、原価管理といった仕事に関わる作業全般を総称したものです。建設の現場というのはしっかりとマネジメントをしなければ、予算がオーバーしてしまったり工期が守れなかったりするというトラブルが起きてしまいます。そこで、しっかりと現場でマネジメントをする必要があり、このマネジメントをする人を施工管理技士と言います。この施工管理技士というのは国家資格であり、建築現場に専任者を用意しなければなりません。

建築現場というのは、様々な技術を持った人たちが協力をして一つの建物を作り上げていきます。設計図を書く人がいれば、その土地に実際の建物を建てていく人もいます。そしてそれ以外にも建物を建てていくためのスケジュールを管理して天候や作業の遅れに応じて調整をする人も必要です。このように多くの人が関わっているからこそ、作業がうまくいくように意見を束ねる人が必要ですし、マネジメントをして調整をする人が必要です。

工事現場での管理をする人の仕事には様々な職種があります。土木施工管理、建築施工管理、設備施工管理、電気工事施工管理、造園施工管理といった仕事の種類がこれに該当し、名前の通りそれぞれが担当する分野というのは違います。工事といっても、土木や左官、電気工事、管工事というように種類があるために、管理する人にも様々な職種があるのです。

それぞれの名前が違う通り、これらの仕事に就くためにはそれぞれに必要な資格があります。資格によって管理できる業務内容にも違いが出てきますから、これらの業務に就きたいと思った時には自分の希望する職種にあった資格を取得する必要があるのです。



建築現場で施工管理業務に就くための資格



施工管理業務には様々な種類があり、なおかつそれぞれに1級と2級とがあります。1級を取得しなければ管理技術者として現場で働くことができません。1級の資格を取得すれば、建設業者が営業所を立ち上げる際に一般建設業と特定建設業の営業所において専任技術者になることが可能です。

2級の場合には一般建設業にのみ就くことが可能になります。そのため、希望する仕事内容によっては2級だけでも十分であると言えます。ただし、仕事の選択肢を広げるためには1級まで取得しておくことが望ましいです。

資格としては、もちろん2級の方が取得しやすく1級の方が難しくなります。そのため、多くの人がまずは2級の資格を取得して実務経験を経て1級の資格に挑戦することが一般的な資格取得ルートです。

資格を取得するにあたっては、一定の実務経験や学歴を求められます。実務経験についても、どのような形でも建設に関わっていればよいわけではありません。きちんと特定分野での実務経験が求められます。そこで、まずは条件に合った実務経験を得ることが必要です。

実務経験を経て、受験資格が得られたら資格試験の受験が始まります。試験の受け方はそれぞれの資格サイトのホームページで申し込み方法を確認して、きめられた手順で進めていきます。資格によってインターネットでの申し込みができる資格とそうでないものとがあります。申し込み用紙が無料なものと有料なもの、受験料の支払い方法がカードや振込など違いがありますから、間違えずきちんと期間内に申し込みができるよう、申し込みの細かな方法を確認することが重要です。



建築現場での求人情報



私たちは希望の仕事を見つける際に、正社員やアルバイトやパートといった様々な勤務形態で求人サイトを利用して仕事を探します。総合的に求人情報を取り扱っているサイトもありますが、このような建築系の仕事に限定した求人サイトもあり、職種が限定されていることで施工管理業務の仕事についても見つけやすいという特徴があります。

特に、分野を絞っているサイトというのは、一般的な幅広い業種を取り扱っているものでは紹介されていないサイトの情報が掲載されていることもあります。専門求人情報サイトのみに求人案内を出すという企業もあるためです。そのような観点からも、専門の業種に絞り込まれたサイトを確認することは有効です。

サイトも勤務希望地や職種によって求人内容を絞り込み検索をして探すことができます。そのため効率よく自分の希望する地域で、希望業種の採用情報を確認することができ、仕事の情報を検索する手間も最低限で済ませることが可能です。就職活動の際には色々とやることが多く大変ですから、この会社情報を調べる時間が短くできるのはとてもありがたいことです。

また、専門業種のサイトを見ることによって、求人以外にも知っておくべき情報を得ることができます。建築関係の仕事を取り扱っているサイトであれば、仕事に就くまでの流れであったり取得しておくべき資格の紹介、すでに現場で働いている先輩の声を紹介していることもあります。これらを確認しておくことで、仕事選びの参考にすることができたり、就職活動の際の履歴書や面接の参考にすることができたりするので、希望の職場に就きやすくなります。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI