建築・土木などの転職求人情報なら 建築求人.jp

建築施工管理の仕事内容と資格の紹介

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 建築施工管理の仕事内容と資格の紹介

建築施工管理の仕事内容と資格の紹介

建築施工管理の仕事内容



建築施工管理は建設現場の工程スケジュールや工事の品質、安全を管理することが主な仕事内容です。大型商業ビルや駅ビルなど大規模な工事になれば、工程スケジュールが複雑になり、工事関係の技術者の数も増えるので、建築施工管理に従って計画に沿った品質や安全性の高い工事を行うことが必要です。建築施工管理の仕事内容で中心となるのは依頼者との打ち合わせ、工事技術者の指導など現場を監督する業務です。建築工事現場の作業が円滑に進むように、工程スケジュールを管理することも大きな役割です。

工事が開始される前に工程スケジュールを組むところから始まり、技術者の適切な配置、建設重機の手配なども行う必要があります。工事が始まれば、工程スケジュールに従って作業が進行しているかを毎日チェックします。ただし、屋外工事が多いため、雨風や降雪など悪天候、想定外のトラブルにより、工程スケジュール通りに作業が進行しないこともあります。作業が遅れているときは、あらためて技術者や建設重機の数を増やす、もしくは工程スケジュールを見直す必要も出てきます。

施工管理では現場を統括するための工程スケジュール管理が大変重要です。建築工事現場で重要な管理が四つあります。一つ目は原価管理で、人件費や材料費、毎月の経費計算などの原価計算です。二つ目は工程管理で、工事の進行を確認しながら、工期に遅れが出ないように技術者の人数や建設重機の台数の調節を行います。三つ目は品質管理で、工事が完了した建物が強度や密度の規定値を満たすように管理します。最後は安全管理で、建築現場で働く人たちが事故に遭わないように環境を整えます。建築施工管理についての資格を保有しているのであれば、就職や転職に有利になるケースが多いです。さまざまな建築業界についての転職サイトがありますので活用してみると良いでしょう。



建築施工管理技士について



建築施工管理は建築施工管理技士の国家資格が必要な仕事内容です。施工管理技士は土木、電気工事、管工事など6種類の分野があり、建築工事を管理するのが建築施工管理技士です。鉄筋工事から内装工事まで、建築全般に関する工事の現場管理や監督業務を行います。建築工事は多くの専門技術分野の工事から成り立ち、それぞれの専門分野の仕事に特化しているため、他の分野の工事との関係性、工程について把握しづらくなっています。

建築施工管理技士はそれらをすべて含めた全体の工事を、総合的に束ねる役割があります。建築業法により建築業者が工事を行うときは、事業所ごとに建築業務を統括できる専任の技術者の配置が義務化されています。建築施工管理技士は現場をコントロールする専任技術者という現場監督の役割もあるので、資格を取得すればゼネコンや建設会社、不動産業者などへの就職、転職活動に有利です。また、住宅やメーカーの工事で現場管理者として資格を活かすこともできます。

建築施工管理技士が管理する工事は鉄筋や塗装など、建物を建築するときに欠かすことのできない、重要なものばかりです。建設現場では工事関連技術者や職人の高齢化が進んでおり、現場で仕事をする作業員は慢性的な人手不足の状態がずっと続いています。建築施工管理技士の資格を取得すれば、どの建設現場でも高いニーズがあります。また、資格を取得することで会社での昇進や給与の上昇、より待遇の良い職場への転職活動に役立ちます。



建築施工管理技士にはどのような種類があるか



建築施工管理技士の資格は1級、2級の2種類があります。それぞれ施工管理技士として、実際の現場で仕事をするときにはできる仕事内容に違いがあります。建築一式、大工など全部で16種類の建設工事があり、すべての建設工事の施工管理に対応できるのが1級の資格です。建築工事全般を管理するあらゆる知識と技能を持つ技術者であり、技術者の指導を行うことができます。建設業は手掛ける工事の規模により、一般建設業と特定建設業の二つに分かれます。特定建設業は大規模な建設工事で、許可を受けることが必要です。

特定建設業の建築、土木など7業種の専任技術者、または現場に配置される監理技術者は、1級の資格を持っている技術者に限られます。特定建設業の業者が元請けの工事を実施する際、下請業者に請負代金を規定総額以上で発注した場合、現場に専任の監理技術者を派遣することが義務付けられており、大規模工事では監理技術者の存在が欠かせません。

2級は現場を管理できる建設工事の範囲が狭まり、小規模な工事管理が対象になります。さらに建築、躯体、仕上げの3種に分かれ、各工事の仕事内容が異なります。2級の資格は一般建設業で許可される建設工事の営業所ごとの専任技術者、主任技術者になることができます。

資格によって対応できる範囲が異なるため、転職を考えている場合には自身が保持している資格に合致した職務内容なのか、もしくは就職したのちに資格を取得する制度が整っているのか、といった点を確認しておきましょう。