建築・土木などの転職求人情報なら 建築求人.jp

建築求人に出てくる業種の特徴は

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 建築求人に出てくる業種の特徴は

建築求人に出てくる業種の特徴は

未来に建物を残す仕事



さまざまな建築物を造り、未来に残していくのが建設業です。建築求人としても、いろいろな業種がありますが、建築設計や電気、設備など驚くほど広範囲になってきます。建築業に関する資格もたくさんあり、資格の取得を考える場合は希望する業種のことを考えておく必要があります。

また、建築物を造るのには時間もかかりますし、プロジェクトとしても国家単位の巨大なものになることも珍しくありません。建物は造り終われば、所有者のものになります。自分が生きている時間以上に長く使われていくこともあるでしょう。歴史に名を刻むことも珍しくありません。地域貢献にも役立つこともあり、災害対策として多くの人命を助けることになる場合もあります。これが建築業のやりがいです。人間が生活を続ける上で建物の存在は必須となってきますが、これは衣食住の住にあたり、生活の根幹となってくるためです。建築業はこうした住宅を建てるだけではなく、より大きな設備もつくりますし、修繕の仕事もあります。よって、多くの建物に関係してくるのが特徴です。

建築求人には非常に多くの種類があります。それぞれに特徴がありますが、一つのものを造り上げていくためにはお互いの協力が欠かせません。ゼネコンがどんなに技術を持っていても、それを実行するのは、各業種でありゼネコンではありません。その能力をまとめ、生かしていくのがゼネコンです。こうした高度なコミュニケーションがあってこそ、初めて能力も技術も生かされていくところが、業界的な特徴です。



専門性の高い仕事も多い



建築求人に出てくる職種は多種多様です。どんな求人があるのか、いったいどれぐらいの種類があるのかを調べ、その中で向いているものを見つけることが大切です。それぞれの職種で特徴を持っており、つながりが重要な要素です。同じような業種に見えても内容が全く異なることもありますし、実は複数の業種をかけ持っている場合もあります。お互いに関連性があることが前提ですが、幅広い能力を求められます。対応力という面が重要になり、柔軟な思考がなければ、多くの業種を持っている企業はきつくなることもあるでしょう。

専門性を高めたことを特徴としている業種もあります。代表例が大工です。大工は木造の建物を建てる専門家です。大工工事を中心としており、屋根や基礎は別の企業が行って建てることに集中していきます。高い技術を必要とする職業ですが、プレカットが増えてくる中、以前ほどの専門性がなくても仕事をこなせるようになってきました。門戸が広がったとは言えども、建物を建てるということは簡単ではありません。設計に関してはさらに高い能力を求められるようになってきていますが、能力を生かせる場が広がったとも考えられるでしょう。

専門性という点では、なにも建てるだけが建築求人ではありません。特徴的なところとして、営業についてが挙げられます。仕事を受注しなければ、いくら技術があっても意味はありません。生かす場を作るだけではなく、経営を支えるためにも営業は必須です。いい物を作ってきたから、仕事が入ってくるというわけではありません。経営活動に営業が欠かせないのは、建築業でも同じです。部材の購入にも営業職が必要になることからも、大事な存在になってくるでしょう。特に自社がどんな仕事をするのかを理解しておかなければならず、強みを生かしていく必要があります。分析力を求められることも珍しくありません。経理的な知識も持ち合わせていなければ見積もりも出せないので、実に多彩な能力を期待されることになる仕事です。



他の業種よりも目立つ資格の必要性



多くの特徴を持つ建築求人だからこそ、将来を見据えた選択が必要になります。今仕事を見つけたいという気持ちも大切ですが、自分に合った職種を見つけていくことは、より重要な意味を持ちます。なぜならキャリアアップという部分に大きな影響を与え、長期的な視野を持つことによって、自分の能力や特徴を引き上げられるからです。建築業にとって、個々が持つ能力の高さは驚くほど重要な意味を持ちます。組織として仕事はしていきますが、個々の能力がなければ、対応をすることができません。システマチックに対応できるように変化してきてはいるものの、まだまだ個の能力に依存する部分があります。統合して高い能力にしていくことが求められるので、自分を磨く長期的な視野が大切になるでしょう。

資格の必要性もあります。建築士といった資格もありますが、玉かけや小型移動式クレーンといった学歴も経験も必要としない資格があることを忘れてはいけません。建築業の中では、資格を持っていないというのは、その仕事ができないことを意味します。切断砥石の交換でも、資格が必要です。安全に作業するために必須になるので、資格の取得も視野に入れておくと、選択肢が広がってくるでしょう。