建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

建設会社の面接を受ける際のチェックポイント

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 建設会社の面接を受ける際のチェックポイント

建設会社の面接を受ける際のチェックポイント

これから建設業界での就職を希望している方へ


建設会社で働くことを希望する場合、まずは求人情報を収集して、お目当ての案件が見つかったら、応募のアクションを起こします。その後は、書類選考を受け、通過したら面接試験を受けることとなります。面接でされる質問にはさまざまな内容のものがありますが、中でも重要なポイントとなるのが志望動機だと言われています。漠然とした憧れから建設業界で働きたいという理由では、内定をもらうのはなかなか難しくなります。また、仮にそのような動機で採用されたとしても、実際に仕事をスタートしてから挫折してしまう可能性が高くなります。そういったリスクを回避するために、自分の中で志望動機が明確になった段階で、応募のアクションを起こすことが大切です。そして、いくらしっかりとした志望動機を持っていても、それを面接官に伝えることができなければ、面接に受かることは難しくなってしまいます。そのような失敗をしないために、自分の思いをきちんと伝えることができるよう、あらかじめ準備を進めておくことがポイントになります。
志望先企業の人事担当者に志望動機をきちんと伝えるためには、具体的な内容を明確にしておくことが大切です。そのような目的を果たすためには、自分が採用された場合、相手方の企業に対して、どのように貢献することができるのかを考えてみるのも良いでしょう。求人募集を行なっている企業にとって、新たな人材を求めているのは当然のことですが、だからと言って、企業に対する貢献度が低いと感じられる人は、採用される可能性が低くなってしまいます。

面接を受けるにあたってのチェックポイント


これから建設会社の面接を受けるにあたっては、しっかりとした志望動機を持ち、それを人事担当者へと明確に伝えることがポイントになります。そのような場面では、自分の経験やスキルについて考えてみるのも一つの方法です。例えば、学生時代に体育会系のクラブに入っていて、体力に自信があるため、現場の仕事に貢献することができると考えているということであれば、それがきちんと伝わるような内容を事前に準備しておくと良いでしょう。
また、何らかの免許や資格を所持している場合、それを活かした内容を考えてみるという選択肢もあります。例えば、建築士や建築施工管理技士などのライセンスがあれば、建設業界の仕事に役立てることができるかもしれません。それらの資格を持っていないために、志望動機が弱いと感じるのであれば、前もって試験を受け、ライセンスを取得してから面接に臨むという方法もあります。
そして、自分の中にある興味や関心に基づいて、面接の返答内容を考えてみるのも良いでしょう。例えば、経験やスキルの面で特に言えることがない場合、建設業界の仕事に対してどれだけの意欲や情熱を持っているのかが重要なアピールポイントとなります。企業の中には、一定の経験・スキルがない応募者は採用しないところもありますが、意欲や情熱を買って内定をくれるところも存在します。そのようなケースでは、現在ではなく入社後の成長度を期待して採用される訳なので、採用された場合にはその期待を裏切らないように努力をすることが大切になります。

志望動機を明確にしてきちんと伝えることがポイント


建設会社の面接試験を受けるにあたっては、職種に応じて適切な対策を講じることもポイントになります。例えば、設備工事の仕事には専門性の高いスキルが必要となるため、漠然とした志望動機では採用される可能性が低くなってしまいます。したがって、この仕事に就きたいと考える場合には、志望動機を明確にして、しっかりと面接官に伝えることが大切です。
建設業界に限った話ではありませんが、面接を受けるにあたって、なぜ入社したいのか、どうしてその仕事に取り組みたいのかという志望動機を明確に伝えることは重要になります。求人案件に応募する人もさまざまですが、誰もが志望動機を持っているという共通点はあります。趣味や道楽、慈善事業ではない以上、給料が欲しいからという動機も誰もが持っています。とは言うものの、そのような内容を伝えるだけでは内定をもらうことが難しくなります。単に給料がもらえればどのような仕事でも良いというのではなく、その仕事でなければならない理由を明らかにして、相手にきちんと伝えることが重要になってくるわけです。また、一般の人にない経験やスキルを有するという理由から、採用される可能性が高いと考えて、求人案件に応募したという内容を伝えるのも良いでしょう。
そのように、人材を募集する側の企業と仕事を求める人との利害関係が一致して初めて、採用が決まるのだという基本的な事柄をしっかりと認識しておくことが大切です。こうした基本概念に立ち返ることで、志望動機を明確化し、きちんと伝えるための方法も見つかることでしょう。

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI