建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

建設業の魅力と求人へ応募する際の志望動機について

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 建設業の魅力と求人へ応募する際の志望動機について

建設業の魅力と求人へ応募する際の志望動機について


建設業の魅力について



建設では土木、空調、衛生、電気工事など様々な仕事内容があります。危険とも隣り合わせの仕事になりますが、その分メリットも多いと言われていますので、具体的にいくつかそのメリットについて紹介します。1つ目には給料が比較的高いという魅力があります。建設業界では労働的には外仕事が多いので体力が必要な仕事です。その為通常の仕事よりも給料は高めに設定されているところが多いです。体力に自信があって収入面も気にしている人は一度考えてみてはいかがでしょう。

続いて2つ目の魅力は技術を得ることができる点です。建設では例えば建物などを一から作り上げる仕事であったりなどほとんど全てに技術が必要です。技術職となるので、技術が身につけば昇給などもしやすくなりますし、普段の生活にも役立てることができます。技術職に憧れている人は一度検討してみるといいでしょう。

そして3つ目には自分が携わったものを見て成果を実感することができる魅力もあります。例えば建物をつくる仕事では、完成したらなくなるものではなく、何年、何十年とその場に残っています。自分が作り上げたものを見て、作ったことを実感できるというのは他にはなかなかない仕事なので、とても達成感があります。

それから4つ目に体力をつけられるというメリットもあります。基本的に外仕事なので中にはハードな肉体労働も存在しています。人によって好き嫌いはありますが、特に筋肉や体力をつけたいという人は鍛えなくても仕事をしていれば自然と付いてきます。特に男性でたくましい体をつくりあげたいなら建設業について考えてみるといいです。

その他にも5つ目は未経験でも就職がしやすいというメリットもあります。絶対に誰でも就職できるとは限りませんが、学歴不問で求人なども募集しているところも多いです。中には技術職なので未経験では雇ってもらえないと思っている人もいますが、志望動機がしっかりとあれば未経験でも働くことが可能です。このように、魅力はたくさんあるので将来的に働きたい人や転職を考えている人は求人などに応募してみるといいです。



志望動機の大切さ



建設業界で働きたい場合、求人などに応募して書類審査に通過したら面接を受けることになります。面接では色々な質問を聞かれますが、その中でも重要と言われているのが志望動機です。何となく入りたいと思ったではなかなか内定は取れないので、志望動機は具体的に決めておくといいです。しかし、いざ具体的にと言われても思いつかない人も多いでしょう。ここでは参考になる志望動機の考え方について紹介します。

まず1つ目は何に貢献できるかを考えましょう。企業は基本的に人がいないと仕事ができないので人材を求めています。しかし、面接で企業に貢献できないだろうと思われた人が採用される確率は低いです。そのため、自分は何に具体的に貢献することができるのかをしっかりと決めてから面接に挑むといいです。

また、2つ目のヒントとして、過去の経験から考えてみるのもいいでしょう。例えば過去にクラブ活動などをしているなら運動には自信があるから建設業界で貢献できると思うなど、過去の経験を活かして志望動機を考えるのも一つの手です。

続いて3つ目は所有する免許や資格があるならそれを基に考えるのもありです。例えば建築士、建築施工管理技士など資格を持っていれば、企業にとって魅力的に感じられることもあります。資格は就職において大切なものです。特に建設業で活躍できる資格ならそれを基に志望動機を考えるといいです。

最後に4つ目は興味や関心から探るのもいいでしょう。例えば知識もあまりなく、未経験だけど建設業界に入りたいと思っている人もいるはずです。企業によっては経験がないと入れてくれないところもありますが、建設業において未経験でも雇ってくれるところはあります。そのため、どうしても就職をしたいなら、こういったことに興味がある、働いてみたいなど意欲などをぶつけるのもいいでしょう。このように、面接の中でも志望動機は重要なのでしっかりと決めてから面接に挑むようにしましょう。



求人サイトの選び方も重要



建設業界への就職を成功させるためには自分の力が必要不可欠ですが、求人サイトの力を借りるのも重要です。しかし、実際に紹介してくれるところは多いので、ここではどんな求人サイトを選ぶといいのかについて話します。まず1つ目は教育システムが整っているかを確認しましょう。求人サイトによっては未経験の方でも安心して働くことができるように教育システムが充実しているところもあります。特に未経験で不安な方は教育システムが充実しているサイトを選ぶといいです。

また、働きやすい環境の現場を紹介してくれるかもチェックしておくといいです。どれだけ給料が良くても働きにくい環境では続けるのが難しいです。求人サイトによってどんな仕事を紹介しているかは異なるので、なるべく選ぶときはフォローをしてくれるところなど働きやすい環境を提供してくれる求人サイトを選ぶといいです。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI