建築・土木などの転職求人情報なら 建築求人.jp

施工管理求人の特徴などを理解しよう

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 施工管理求人の特徴などを理解しよう

施工管理求人の特徴などを理解しよう

施工管理の仕事を探している方におすすめの情報


仕事にもさまざまな種類がありますが、建築や土木、設備に関連する仕事としては、施工管理求人の募集も行われています。こちらは、読んで字のごとく、施工に関する管理業務を行う仕事になります。建築、土木、設備関連業界では、現場に出て作業を行うスタッフ以外に施工管理を担当する人員も働いています。この仕事を行うためには、所定の資格を取得する必要があるほか、現場の規模などによっては施工管理者の存在が必須条件となっている場合もあるのが特徴的です。したがって、必要な資格を所持している場合には、該当する求人案件を重点的にチェックすることで就職活動を有利に進めることができるでしょう。
また、これから資格を取得しようと考える場合には、実務経験など資格試験を受ける必要条件を満たさなければなりません。そのように、資格を取得することのできる人が限られているからこそ、資格保持者に対するニーズが高いのだと言えます。また、資格を保持しているだけではなく、現場での実務経験がある場合は、さらに高い需要が見込まれます。
そのように、施工管理の有資格者を求めている企業は数多く存在しますが、仕事を探すにあたっては、情報収集の方法などにも気を配る必要があります。高いニーズがあっても、職探しの方法が間違っていると自分に合った求人案件が見つからないということもあり得るので、注意する必要があります。

具体的に仕事を探す際のチェックポイントについて


施工管理求人の特徴を把握し、業界内で高いニーズがあることを理解したものの、具体的な仕事探しの方法が分からないという方もいるかもしれません。施工管理の仕事は、屋外に設置されている職業あっせん施設で紹介を受けることも可能です。こちらの方法では、求職者が自ら現地へ足を運んで、カウンターのスタッフと直接対面して仕事を紹介してもらうという形になります。そのため、紹介者や紹介される求人案件に対する信頼性は高くなりますが、現地を訪れるためのエネルギーや時間、コストが発生するという問題もあります。こちらの問題を解決するためには、求人情報サイトを利用するのも良いでしょう。
ひと口に求人情報サイトと言っても多様なバリエーションが存在するので、利用するサイトの選び方もチェックポイントの一つになります。多くの求人情報サイトには、地域や職種などの条件を指定して案件を検索することのできる機能が搭載されています。自分の思い描いている理想のイメージにできるだけ近い案件を見つけたいと考えるのであれば、なるべく細かい条件指定を行うと便利に検索できます。
また、一般の求人サイトには、建築、土木関連の案件以外にもさまざまな案件が掲載されています。そのため、自分の探している案件を掲載するスペースが少なくなる傾向があるほか、お目当ての案件を探すためにもそれなりの手間暇がかかります。そのような問題を解決するためには、建築、土木関連の求人案件を専門的に取り扱っているサイトもあるので、利用してみるのもおすすめの方法と言えます。

仕事内容や業界内のニーズなども把握しておこう


これから施工管理求人を探すにあたっては、仕事内容の特徴についても理解を深めておきたいところです。施工管理を担当するスタッフは、建築現場における安全性を保持し、作業品質や工程を管理する仕事を行います。当然のことながら、建物を建築する工事は、定められた期日までに予算の範囲内で完了しなければなりません。そのためには、あらかじめ適切な設計やスケジュール作成を行い、予定通りに工事が完了するように現場のスタッフが協力し合って作業を進める必要があります。また、大規模な工事になると、管理業務にかかる負担も重くなるため、施工管理を担当する人員の数も多くなる傾向にあります。そのような状況の中で施工管理の仕事をする際には、技術的な能力のほかに、コミュニケーションスキルも重要な役割を果たすこととなります。
施工管理者に対する業界内のニーズを理解するためには、求人情報サイトなどの媒体をチェックしてみるのも一つの方法です。例えば、現場監督の仕事をした経験がある人や、建築士や建築施工管理士の資格保持者に対しては、有利な条件が設定されていることが分かります。施工管理の仕事に関連する資格の中には、所定の実務経験を有する場合、学科試験にパスするだけで取得することができるものもあります。これから施工管理の仕事をするにあたって、より良い待遇を求めてステップアップを果たしたいと考えるのであれば、資格の取得も検討することをおすすめします。
施工管理の仕事を探す方法にもさまざまな種類があります。中でも、職業紹介施設やフリーペーパーなどと比較して、求人サイトを利用する場合は、仕事探しをする際の時間的、場所的な自由度が高くなります。職探しを効率よく行うためには、情報源の選び方もポイントです。