建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

機械施工管理の仕事内容ってどのようなもの?

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 機械施工管理の仕事内容ってどのようなもの?

機械施工管理の仕事内容ってどのようなもの?


機械施工管理とはどのような役割を担っている?



求人情報を見てみると、建設業界に関する案件も少なからず見られます。その中でもしばしば出ている職種として、機械施工管理があります。施工管理の仕事とは、建設現場の工程や品質の管理を行います。また作業員たちの作業工程やスケジュールなどの管理を行うマネジメント業務が中心となります。いわば現場における司令塔・監督的なポジションで仕事をします。作業者に無理なく安全に工程を進めるためにはどのようなスケジュールを組むべきか、バランス感覚の求められる仕事です。この施工管理がきちんと行われていないと、いろいろな部分でずれが生じて当初のスケジュール通りに工事ができなくなることもあります。するとそのずれを調整するために、現場の作業員に無理を強いることにもなりかねません。その結果、集中力散漫になって思わぬ事故が生じることもあり得ます。ある意味、作業現場で仕事をしている人たちの安全を任されている重要な仕事といえるでしょう。

工事現場では、いろいろなジャンルのスタッフが連携しあって仕事をします。その中でも機械施工管理は、建設機械に関する施工管理を担当します。ちなみに施工管理のスタッフにはほかにもいて、土木工事や建築施工過程の管理、電気工事の現場監督、配管工事の施工計画作成、造園工事の計画作成・管理を行う人もいます。建築機械施工管理技士というのが関連する資格ですが、他の施工管理技士の中でも最も長い歴史を誇ります。



具体的な仕事内容とはどのようなもの?



機械施工管理は建築機械に関する施工管理を行うのが主要な業務です。具体的な仕事内容として、4つのことを行います。

まずは施工計画の作成です。工事をするにあたってのスケジュールの作成を行います。この施工計画を作成するにあたって、工事監理者や元請け、協力業者などいろいろなスタッフがかかわりますのでそのすべての理解できるような計画書を作成しなければなりません。

2つ目の仕事内容は安全管理です。これは文字通り現場でスタッフが安心して業務に専念できるような安全の確保・管理を行うことです。

3つ目の業務として、品質管理があります。これは設計通りに作られているかどうかをチェックする仕事です。このときただ見てどうかだけでなく、管理をするためにも写真撮影などをして記録として残すことも大事です。

最後の仕事内容として、工程管理があります。これは最初に紹介したスケジュール通りに工程が進んでいるかどうか、随時現場に出て確認することです。もしかすると当初の計画ではタイトで間に合わなくなる可能性も出てきます。例えば屋外の作業の場合、雨の日が続き工事が中断すれば、スケジュールも後ろにずれる公算が高いです。

このような不可抗力によるスケジュールの変更の必要性が生じた場合、スケジュールの練り直しも行います。この時施工業者や依頼しているところなどとも意見の調整を行う必要も出てくるでしょう。また施工管理について上で紹介したように、他のジャンルの管理を任されているスタッフもいます。このような人たちと意見調整しながら、全体的に工事をどう進めるか決めていく必要もあるでしょう。俯瞰的に全体を見ながら、スムーズに工事を進め納期に間に合うためにはどうすればいいかを考えていくわけです。



機械施工管理に向いている人とはどのようなタイプ



機械施工管理にはほかの職種と同様、向き不向きがあります。施工管理の仕事は現場を全体的に見て、俯瞰的に把握する必要があります。現場の仕事ですが、重機、大きな機材なども使用しますので安全性をおろそかにしていると重大な事故につながって、作業員に犠牲の発生する恐れも出てきます。そこで危機管理能力のある人で、責任感の強い方の方が向いている仕事といえます。また当初の計画通りに進まないこともあり得ます。そのようなイレギュラーな事態が発生した場合でも、柔軟に対応でき、瞬時に正確な判断を行える方の方が向いているでしょう。また作業計画を立案する仕事でもありますから、物事を計画的に進められる人の方がおすすめです。作業員の安全を任される重要な業務なので、注意力が高くて慎重に物事を進められる人も向いているといえるでしょう。

さらに機械施工管理になると、他のスタッフとも連携して仕事を進めていきます。例えばほかの施工管理の人や技術者、さらには元請け業者などの橋渡し役にもなります。多くの人と話をして意思の疎通を図っていきますので、コミュニケーション能力も求められます。このように機械施工管理の仕事内容を見ると、多種多様な能力が要求されると思ったほうがいいでしょう。

「自分に適性があるかどうか、自信が持てない」という人もいるかもしれません。しかし現在機械施工管理として活躍している人の中には、最初から十分な能力を持っていなかったという方も少なからずいます。最初のうちは十分なスペックがなくても、経験や実績を積み重ねる中で身に着ける人もいます。中には、未経験でも可能な求人もありますので、そこで実績を積むのも良いでしょう。

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI