建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

福井でしばしば募集・除染管理の仕事内容はどのようなもの?

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 福井でしばしば募集・除染管理の仕事内容はどのようなもの?

福井でしばしば募集・除染管理の仕事内容はどのようなもの?


除染管理に関する需要は高い



東北や北関東方面の求人情報を見ると、しばしば除染管理の募集が掲載されています。2011年に発生した東日本大震災に伴う福島原子力発電所の事故によって、広く募集がかけられるようになりました。津波によって原発の電源が落ちてしまい、原子炉のコントロールができなくなり水蒸気爆発を起こしたのはテレビなどで見たことのある人も多いでしょう。この爆発などで広範囲に放射性物質がばらまかれました。これを取り除く除染作業を行うスタッフの除染管理の募集が活発に出ています。

この除染作業ですが、日本国内でも決して無視できない経済規模になると見込まれています。産業技術総合研究所というところが調査したデータによると、福島県内だけでも除染作業で最大約5兆円かかるとの試算を出しているほどです。2011年から2013年までに政府が除染経費として1兆1,500億円計上していますので、まだそれでも3兆8,500億円を上限として経費がかかることになります。ちなみに日本の予算規模を見てみると、90兆円台でここ数年経過しています。そう考えるとかなり大きな経済的負担になることになります。これだけの予算を組んで行う作業なので、人員もそれなりに必要になります。

そのような背景から、除染管理の求人は比較的頻繁に出ているわけです。もし除染の作業に興味があれば、まずは具体的にどのような仕事内容を担当するかについて、正しく理解する必要があります。



除染管理は具体的にどのようなことをするの?



除染管理とは読んで字のごとくで、放射能に汚染された地域に出向いて、放射性物質を取り除いて、放射線量を少なくするのが主な仕事内容です。対象になる地域は広範囲にわたります。原子力発電所のある福島県内の各地域、場合によっては隣接する県で作業を求められることもあるでしょう。また除染作業する場所もいろいろで、道路や学校の校庭など公共の場所もあれば、被災地の民家や田畑など個人所有している土地に赴いて作業する仕事内容もあります。どの場所で作業するかによって、具体的な仕事内容も若干変わってきます。例えば森林の場合には放射性物質に汚染されている草や木を刈る作業やその取り除いた植物を袋詰めにする作業、落葉や落枝の除去などが中心です。これが住宅地での作業になると、庭など土地の表面の土をはぎ取る作業が中心です。露出している壁や樋などのふき取り作業も伴うことがあります。道路で作業する場合には、高圧水洗浄機を使って路面に付着している放射性物質を飛ばすのが主な仕事内容になるでしょう。

その上で、取り除いた放射性物質の管理も担当します。放射性物質を取り除いても管理がいい加減であれば、また外気にまかれ、元の木阿弥になりかねません。そこで取り除いた放射性物質が拡散しないようにある特定の場所で管理するのも除染管理の仕事内容に含まれます。除染管理の求人を見てみると、初心者でも応募できる案件が多いです。もちろんいきなり現場に出されることはなく、除染作業に関する説明が行われます。ただし土木関係の資格を持っている、実務経験を持っている人の方が採用される可能性は高いです。もし関連する資格や経験を持っていれば、面接試験の時などにアピールすると良いでしょう。



被ばくのリスクがあるので健康管理に注意



除染管理の仕事ですが上で紹介したように放射性物質を取り除くのが主なものです。すなわちそれだけ放射性物質に近い所で作業することになります。このため、健康管理に関しては細心の注意が払われます。人体に影響の出るようなレベルの被ばくを受けることのないように対策されています。まず除染管理として採用されると、特殊健康診断と呼ばれるものを受けます。通常の健康診断とは異なり、被ばく歴の有無や血液・皮膚検査を実施します。この特殊健康診断ですが、初回だけでなく通常半年に1回のペースで受け続ける必要があります。

また先ほども紹介したように、作業する前に特別教育が実施されます。その中で作業方法だけでなく、被ばくを防ぐために常日頃どのようなことに気を付ければいいかについてもレクチャーもなされます。例えば作業中は手袋の装着が義務付けられています。この手袋をどのようなことがあっても外さないことや手袋をした手で顔など他の皮膚に触れないようにすることが注意されます。そのほかには直接地面に座らないように指導されるでしょう。放射性物質の付着している可能性があるからです。そして放射性物質に汚染されたものは専用のポリ袋に入れるようにもレクチャーされるはずです。講義だけでなく、実技研修も実施されます。

1日の作業が終了したら、汚染検査を毎日受けます。もし放射能による汚染が確認された場合には、水で入念に洗浄します。取り扱っているものの危険性の高さから、その管理は慎重を期す必要があります。このような健康管理などの入念さも理解したうえで応募するかどうかを検討しましょう。

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI