建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

空調設備の仕事内容と就職先、求人状況と必要な資格

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 空調設備の仕事内容と就職先、求人状況と必要な資格

空調設備の仕事内容と就職先、求人状況と必要な資格

空調設備の仕事とは



空調設備の仕事というのは、名前の通り空調の取り付けや配管といったものの整備をする仕事です。新たに建設された建物で空調の取り付けや、空調を新しくする際に取り付け工事をしたり、配管トラブルに対応をしたりというのが主な仕事です。

ただし、仕事の内容としてこれだけをピンポイントで行うのには限りがありますし、安定して仕事を行うことが難しくもあります。そこで、ビルメンテナンス業として、他にも電気や給排水、消防設備といった設備を維持するために必要な設備維持業務を行う仕事として成立していることも多いですし、求人情報もこのような職種でのものが多いです。

ビルメンテナンス業といっても、ビルだけを仕事として取り扱っているのではありません。学校や商業施設、病院といった設備の安全性や状態確認をするために設備管理者という人員が配置されています。この設備管理者がいる場所では管理者が必要に応じて適宜メンテナンスや工事作業を依頼してくるため、ビルメンテナンス業者が仕事を請け負うことが多いです。

このような設備管理の仕事というのは細かく分けると業種が50種類以上あると言われています。そして、それらの仕事がそれぞれに専門知識が必要ですし、仕事によっては有資格者しか作業ができない業務もあります。そこで、設備業務の仕事に就くにあたっては業務を行う中で適宜必要な資格を取得することが望ましいです。

仕事をするにあたっては、総合的なビルメンテナンスの資格とともに専門分野の資格も取得しておくことが一般的です。資格については種類が多いですし、身につけるべき分野の種類も多いです。しっかりとやりたい事業内容や仕事としてニーズのあるものを選んで資格を取得しておくことが重要です。消防設備や空調設備、電気設備は特に専門知識が必要なのでしっかりと勉強して資格を取得しておくと仕事で優遇されます。



空調設備の仕事に必要な資格



空調設備の仕事に就くにあたっては、冷凍機械責任者の資格を取得しておくと有利です。この冷凍機械責任者は一般的によく知られている資格というわけではありませんが、高圧ガスの製造・販売に携わる人は取得しておくとメリットの大きい資格です。冷凍機械というとどうしても業務用の大きな冷蔵庫のようなものをイメージしがちですが、冷凍機械というのは空調機器をはじめとした冷やすものに関する仕事であり、冷凍機器の保安業務を行う資格です。

資格取得にあたっては年齢制限や受験資格もありません。ただし、有資格者として責任者業務をするためには資格を取得して実務経験を積むことが必要です。資格の取得方法は講習会検定試験と国家試験とがあり難易度も違ってきます。講習会といっても、参加すれば誰でも資格が取得できるわけではなく合格者は50パーセントほどです。知識がない場合には講習会に参加前に少し知識を身につけておく方が合格しやすくなります。

空調の取り付け業務をするとなれば、基本的に管工事施工管理技士の資格が必要ですが、電気工事が必要となる作業となれば電気工事施工管理技術士の資格が必要となります。求人条件としてこれらの資格を取得しておくと有利なことがあるのですが、資格を取得するとなるためには実務経験が必要であるために、大学の指定学科卒業に加えて実務経験が必要となったり、指定学科を卒業していない場合にはかなり長い実務経験が必要となったりしま。そこで、ビルメンテナンスの仕事で空調関係のサポート業務をしながら受験資格を得られるように業務に当たることが一般的な流れとなっています。



空調設備の仕事の求人情報



空調管理の仕事に就きたいと思った時には、いろいろなタイプの仕事が求人案内で出てくるので就きたい業種についてしっかりと考えることが必要です。基本的には管理業務として取り付けやメンテナンス事業といったものが多いのですが、中には空調設備の営業やサービス案内といった仕事をするという業種もあります。

もちろん、これは独立してそのような事業を行うという企業もありますが、企業の中でいくつかの部署があり途中で配属が変わり事業内容が変わるということもあります。そこで、配属が変わって仕事内容が変わることがあるかどうか、会社の中で請け負っている事業内容の確認といったことはしっかりと行った上で就職先を探すことが重要です。

営業職にはつかず、管理業務を中心として仕事を行いたい時には、施工管理や設計業務の仕事を専門に取り扱う求人サイトを閲覧するのがオススメです。このようなサイトであれば、建築、土木、衛生、電気設備といったものも合わせて求人が掲載されています。そのため、空調管理専門の業者だけでなく総合的なビルメンテナンス業者についても募集がかけられていることがあるので、就職先の選択肢を広げることが可能です。

職場によっては有資格者が優遇されたり、就職にあたっての条件があるケースもあります。そこで、採用情報を見る時には必ず資格や経験の有無といった細かな条件までしっかりと確認をしましょう。企業によっては未経験、無資格者でも積極的に採用をしているというところもありますが、その代わり給与や待遇の面で経験者や有資格者と差が出ることもあります。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI