建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

衛生設備求人を探したいのなら建築系に特化した求人サイトが有利

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 衛生設備求人を探したいのなら建築系に特化した求人サイトが有利

衛生設備求人を探したいのなら建築系に特化した求人サイトが有利

衛生設備とはどんな仕事?



建築系に就職したいと思っている方にとっては、どのような仕事をしたいのかによって求人探しも全く違ってきます。何となく建設会社がいいとか、技術系として働きたい、箱モノを作るような現場で働きたいと考えている人も少なくありませんが、建築と一口に言っても、電気や空調、衛生など業態は様々です。例えば、電気設備は電気を利用できるようにするためにケーブルを通したり、照明器具を設置する、また埋設配管の仕事があったり、大きな盤を繋ぐという仕事もあります。空調なら個人宅のエアコンの設置、ホテルやデパートなどの大型の空調機器の設置などを行う仕事ですし、それぞれ新築施工があり修理や改修も行います。

衛生設備の仕事は、建物や敷地内などの給水、給湯、排水、通気また衛生基部やガスなどの設備を設置する、改修するなどの仕事です。また、排水処理再利用に関する設備を行うなど、建築物などの中で私たちが生活する中でなくてはならない設備に関する仕事です。電気などは照明器具など私たちが普段目にすることが多い部分ですし、修理の依頼やコンセントを付けてほしいなど、工事を見ることも多いです。しかし、衛生設備となると建物の普段日常生活の中で見ない部分について工事したり修理することが多いので、どのような仕事を行っているのか実際によく知らないという人も多いでしょう。

衛生設備の仕事は主に給水設備と排水設備に分かれますが、こうした衛生設備の仕事に興味がある、してみたいという人は設備求人を探す必要があります。通常の就職転職情報サイト、紹介してくれるサイトでも衛生求人がありますが、数が多く種類が多いとなるとやはり建築系に特化した求人を紹介するサイトをチェックするのがおすすめです。



衛生求人は配管工という求人の場合も多い



衛生設備の仕事は資格を持っている方が就職に有利ですが、未経験の募集もかなりあります。建築系の仕事は、地域によって募集が多いところと募集が少ないところがありますが、都市部など基本的に建物が多い地域、また開発しているところが多い地域の方が見つけやすいでしょう。場所によっては過疎化が進み、いわゆる箱モノ、新築物件が少なくなっています。こうした地域では、建築系の仕事の募集は少ない場合があります。ただ、老朽化している建物などが多い地域などは、給排水の配管工事などが多くなるため、改修や補修などの工事は多くなる傾向があります。

衛生求人は衛生という言葉ではなく、配管工という呼び名で求人が出ていることも多く、個人宅の新築やリフォーム、また水回りの修理などを行っている小さい企業や個人事業主系の求人もあります。大きな建物の設備よりも、個人宅の修理という部分から入った方が未経験の方には働きやすい場合もあります。水道配管工となっていれば、水回りの解体や個人宅の新築の際に給排水工事を行う仕事になります。その他にも、配管工以外に既設建物設備工事の募集等も、配管工事を行う部門などがありますので、衛生求人があるかもしれません。

ホテルや旅館、また介護施設などの大きな物件の設備を行っている企業になると、資格者優遇となっていることが多いのですが、経験者優遇となっている場合は資格よりもこれまでの仕事の経歴や実績が優遇されることもあります。また、未経験でも一からしっかり親切に指導して育ててくれるという会社も多いので、未経験でも諦めずに求人を探してみるといいでしょう。



建設系専門サイトがお勧めの理由



通常の転職や就職を紹介するサイト、つまりどの職種についても総合的に紹介しているサイトよりも、建築系専門のサイトの方がより衛生求人を探しやすく、またサイトによって非常に分かりやすい募集要項が掲載されています。例えばエリアや地域はどこになるのか、どういった建設系の仕事なのかということに加えて、例えば入社祝い金があるところには、「入社祝い金有り」「フリーターの方歓迎」という表記や、「未経験可」「経験者優遇」など、しっかりと求人を探している方がわかりやすい表記がされています。

求人を探す人は、まずエリアや地域と、どのような建築系の仕事を探しているのかを検索の条件として入れるのですが、建築系の専門求人サイトの場合、業態が建設系だけとなっているので非常に見やすくわかりやすいのです。検索条件をチェックして検索し、どの地域の募集でどういう人を探しているのか、どういう業態の会社なのかが書かれていますので、そこをよく見て興味のある案件があれば、その詳細をチェックしていけばいいのです。

一般的なサイトの場合、業種が多すぎて案件を閲覧する際に、条件などをより多くチェックしなければなりませんし、衛生求人も衛生と電気、その他の設備に関してごちゃまぜでヒットしてくるので、その中から衛生求人を探さなくてはなりません。建設系の場合、ヒットしてくるのは衛生関係、配管工、その他同じような仕事をするという案件なので、自分が希望する仕事を見つけやすいという特徴があります。建設系の仕事は、専門職として多数に分かれている方が求人として非常に探しやすいのです。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI