建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

設備保守管理の仕事内容や求人の探し方と転職のメリット

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 設備保守管理の仕事内容や求人の探し方と転職のメリット

設備保守管理の仕事内容や求人の探し方と転職のメリット


設備保守管理の仕事内容について



設備保守管理のお仕事に就くことを目指している人も多く存在していますので、ここでは設備保守管理の仕事内容について紹介します。設備保守管理というワードからも理解できるように、設備をメンテナンスしたり、運用できるように管理することになります。

日本には数多くの建物がありますが、利用者が安全かつ快適にその建物内で過ごせるようにさまざまな設備が搭載されています。例えば消防設備です。建物の規模によっても異なりますが消防設備の設置が義務付けられているところもあります。これらの設備はメンテナンスが必要で、管理をしておくことでもし万が一火災が発生した時も有効に機能する消防設備を使用することができます。そのため消防設備の管理も仕事の一つに含まれます。

また、快適に室内で暮らすことができるように空調設備が建物には搭載されていますが、この管理に関しても仕事内容の一つになります。基本的にビルなどに設置される空調設備は一般家庭に取り付けることは少なく、ビルの管理人が自分自身でメンテナンスをすることはできません。もし空調設備のメンテナンスをしていないと故障の原因などに繋がります。また、衛生面においても好ましくないため、ビルの管理人はビル管理会社に依頼して設備保守管理をしてくれるスタッフを派遣してもらっているところが多いです。

このような、ビル管理には複数のお仕事があり、それぞれの企業で対応できる管理内容が異なります。もし就業したらこのような仕事を行うことになりますが比較的需要が高く、求人においてもビル管理会社などが設備保守管理の雇用をするために募集をしています。募集している企業は大企業から中小企業まで幅広く、さまざまな人が就業できる可能性があります。そのため、これから初めてこの職業に就きたいと考える人は資格を取得しておくと求職活動に有利に働く可能性があります。

実際に設備保守管理の資格は複数あります。例えばビル設備管理に必要とされるビル設備管理技能士などの資格があります。また、建物環境衛生管理技術者という資格もあるので、これらの資格を取得しておけば電気や空調などに関するお仕事を担当することができます。その他にも電気設備関連の資格としては電気工事士や電気主任技術者という資格を挙げることができます。この資格を所有すれば電気設備の点検やメンテナンスを行うことができるので、お仕事の幅を広げることができます。その他にも実際に働いている人の中にはボイラー技士などの資格を取得している人もいます。



設備保守管理をするための求人の探し方



設備を扱うお仕事内容のため、設備の点検などが好きな方の中には就業したい人も多くおり、需要なども高いので求職者は幅広い求人の中から自分の好みのところを選択できます。求人によってそれぞれ待遇などが異なるため、慎重に選択をすることで、内定を取り消したり、新たに求人を探すリスクを少なくすることができます。

求人を選ぶ際には企業規模を確認します。例えば大企業のビル管理会社であり、その会社に就業できれば社会的信頼性が高くなります。その一方で就業できるハードルが比較的高くなることがあります。中小企業であれば採用してくれる可能性が大企業よりも高いところが多いですが、その分給与が少ないところもあるので、よく考えて選択しましょう。

企業規模だけでなく選ぶ際には福利厚生を確認します。福利厚生は会社側が社員に提供してくれるサービスで、企業によってはジムの利用を安く提供してくれるところや、社宅などを借りられるところもあります。福利厚生が充実していれば、給与以外にも会社から違った形でメリットを得ることができます。

他にも選ぶ時には残業時間についても確認するとよいでしょう。基本的に現在の企業では残業時間を少なくするように心掛けている会社は少なくないため、残業時間は昔の企業ほど多くないかもしれませんが、残業が必要なビル管理会社もあるので、平均の残業時間や残業手当なども確認します。残業時間が少ないとプライベートの生活を充実させることができます。逆に多ければ残業代を支給してもらい給与アップを見込むことができます。



転職して設備保守管理をするメリット



昔からビル管理の仕事に携わっており、この機会に転職を検討している人もいるでしょう。

転職をすることで得られるメリットは高い給与を貰える可能性があることです。実際に設備保守管理の求人の中には給与が提示されていますが、その給与は資格や経験によって変動することが記載されています。もし以前からビル管理のお仕事に携わっている人は設備保守管理の経験やそれを行うための資格を取得している人も多いため、年収を上げられる可能性があります。

また、給与だけでなく福利厚生を確認して自分が好みの会社に就業できれば、以前の会社よりもよい環境で仕事をすることができます。職場環境を変えることができる点もメリットです。職場環境が変わることで人間関係の再構築や新鮮な環境で就業ができるため、環境を変える目的で転職される人も少なくありません。

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI