建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

電気設備の仕事と必要な資格、今後の求人動向

建築求人.jp > 建築求人のコラム > 電気設備の仕事と必要な資格、今後の求人動向

電気設備の仕事と必要な資格、今後の求人動向

電気設備の仕事とは



電気工事士というのは一般家庭やビル、店舗、病院、工場といった様々な建築物の電気設備の設計や施工を行うのが仕事です。新しい建物であれば、電気配線や配電盤を取り付けることが必要ですし、既存の建物には新しい電気設備の追加をしたり設備のメンテナンスをしたりといったことに対応しています。

電気工事の仕事というのは電気を取り扱うためにかなりの危険が伴います。そのため、資格を取得して知識を有している人でなければ業務を行うことができません。また、作業というのは電気を取り扱うだけでなく高所での作業があるという部分でも危険が伴います。そういった点から、仕事をするにあたってはしっかりと電気知識を持っているだけでなく、集中して丁寧に作業を進められるといった対応力も必要です。

資格については第一種と第二種があり、できる業務範囲にも違いがありますし、資格取得のための条件も違ってきます。また、資格として他にもボイラー技士や消防設備士といった資格を取得しておくと、仕事の範囲を広げることができますし、採用の幅も広がります。企業によっては、求人の際に複数の資格を必要としていたり、資格を複数所持していることで優遇されたり待遇が良くなったりするというケースもあります。少しでも自分に有利になるよう、資格は計画的に取得しておくことが望ましいです。

仕事の内容が職種によって異なることも大きな特徴です。ビルやイルミネーションといった大掛かりな作業をするというところもあれば、家庭の電気を中心として取り扱うところもあります。せっかく身につけた技術や知識をきちんと有効活用することや、自分自身のやりたいことを仕事にするためにも、就職する前にきちんと職場を選ぶということも重要です。



電気設備の仕事をするために必要な資格



電気設備関係の求人案内を確認すると、中には資格や経験不問と書かれているものが多くあります。しかし、実際には仕事をするにあたっては有資格者や実務経験者が優遇されるのが事実です。未経験者である場合には新卒のような若い人の方が有利です。しかし、体力を必要とする仕事が多いこと、一人前となるまでに時間がかかることを念頭に置き忍耐強く仕事に当たることが必要になります。

実務経験が必要なくても資格を取得できるのが第二種電気工事士です。第二種は独学でも取得をすることができます。一般的に第二種だけでは仕事に就く際に有利にはならない、ということも言われることがあります。しかし、資格がないよりはある方が優遇されることもありますし、自己アピールにもなります。可能であれば早いうちに、まずは第二種電気工事士の資格を取得しておきましょう。

また、他の資格についても持っておいて損になることはありません。特に第一種電気工事士の資格については取得しておくことで職場内でも優遇されることになりますし、長い目で見ると、将来的に独立することも可能です。また、他のボイラー技士や消防関係の資格も取得しておくことで、優遇されたり仕事の幅を広げることができます。

これらの資格というのはどれも二級は簡単に資格が取得できても一級のような上位資格の取得になると実務経験が必要となるケースがほとんどですし、難易度も高くなり、資格取得に時間がかかります。だからこそ、計画的に資格取得をするよう心がけて、少しでも早く無駄なく色々な資格が取得できるように行動することが、可能性を広げることにつながります。



電気設備の求人状況



電気というのは私たちの生活にとって必要不可欠なものです。私たちの日常は電気によって支えられていると言っても過言ではなく、なくなると全ての機能がストップしてしまいます。携帯電話の充電もインターネットの使用もできなくなり、当たり前と思っていた生活が何もできなくなってしまいます。そういった状況から考えても、電気を取り扱う仕事というのはニーズのある仕事であり安定性が高い仕事であるとも言えます。現在は電気の種類も増えており、太陽光発電や燃料電池といった新しい電気も出てきています。それに伴い需要が拡大傾向にあり、今後も仕事は安定して確保できると考えられている状況です。

求人についても電気設備の仕事は多い方であると言われています。実際、求人サイトを閲覧してみると、電気関係の仕事についてはかなりの数の採用情報が上げられています。最近では電気設備関係の資格取得者が高年齢化しているために引退する人が増えており、需要は高まりつつあるので、人手不足の状態です。そのため、これから電気関係の仕事に就きたいという人にとっては就職がしやすい状況になっており、有利な条件で就職先を見つけられることも多くあります。

ただし、就職先が多いからといって希望する職種や職場に必ず就職できるとは限りません。しっかりと指定の資格を取得していること、スキルを身につけていることが必要条件であり、ここがなければ就職を有利に進めることは難しいと言えます。また、就職先はたくさんあっても待遇や給与は企業によって様々です。希望の就労環境を手に入れるためには、努力していくつかの電気関係の資格を取得したり、スキルを磨いたり、実務経験を増やしたりすることは重要なことです。

建築求人.jp TOP

建築の求人一覧はこちら

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI