建築・土木・電気設備の施工管理、設計業務の転職求人情報なら 建築求人.jp

CADで採用されたいなら建築専門求人サイトが便利

建築求人.jp > 建築求人のコラム > CADで採用されたいなら建築専門求人サイトが便利

CADで採用されたいなら建築専門求人サイトが便利


さまざまな分野に需要があるCADオペレーター



建築系、電子系統の求人などでよく見かけるCADという仕事を知っている人は少なくないでしょう。建築系の仕事をしている方の中でも、設計を担当する部署や施工関係の業務を行っている人には欠かせない技術ですし、公共機関の仕事でも必要不可欠な業務です。CADというのはComputer Aided Designの略で、パソコンでソフトを利用し設計図を書く、製図するなどの業務に利用します。設計といっても業種によってさまざまで、例えば建築系なら家やビル、公共建築物の設計図を書く、また自動車メーカーの設計では車の設計図などを作るといった風に別れます。

電子系では非常に細かい部品の図面をひくこともありますし、プリンターやカメラの設計等もあります。さまざまな分野で図面を必要とする際、手書きではなくソフトを利用してきれいな図面を書くことができるCADは、いろいろな業種で利用されています。業種によって設計するものに違いがあり、それによってソフトも異なりますが、フリーソフトもありますし、高額な3Dソフト等もあり、価格も幅広くなっています。ものづくりに欠かせないソフトであり、こうしたソフトを活用できる技術を持っている人をCADオペレーターといいます。

求人サイトでよく見かけられるのは、このソフトを利用できるオペレーターの募集で、ほとんどの場合、経験がある人、実績がある人という募集ですが、中には基礎を理解していれば業務経験は問わないという案件もあります。技術系の仕事であり、建築、自動車、飛行機、それに服飾系でも利用することが多くなっているソフトなので、技術を持っていれば就職に有利ですし、フリーとして働く人もいます。どのような業種で仕事をするかによって扱うソフトも違うので、こうした仕事に就きたい人は、まずどのような業種で活躍したいかを決めておく方がいいでしょう。



業種による知識とソフトの技術が必要な仕事



求人では経験者の募集が多いのですが、それは設計者の指示に従って図面を作ったり修正、変更をしたり、最終的な仕上げなどを行う必要があり、その時、全くの未経験だとその指示の意味が分からなかったり、どのように修正すればいいか判断ができないため、できれば即戦力となる経験者が欲しいと考えるからです。

建築の場合、最初に設計図を描くのは設計士、建築士ですが、その後、施主と話し合いを行うことで修正や変更が必要になってきます。ここをこうしたい、ここをもっと広くできないか?などの要望によって変更する必要が出てくるのです。

この時、修正や変更が決まった箇所について指示に従い、修正、変更をCADオペレーターが行います。設計に関して高い知識が必要ということはありませんが、建築の知識を持っている方が図面の修正もしやすいですし、指示を的確に、図面上へおとすことができるのです。地味にパソコンの前での作業が続くというイメージがありますが、時に設計者とコミュニケーションを取ることが必要となるので、関わる業種の知識とコミュニケーション能力も必要となってくる仕事です。

求人としては以前と比較すると数が落ちてきていますが、それでも技術を持っている人が欲しいと、さまざまな業種が募集しています。特殊な分野もあり会社に入ってからではないとソフトの技術を身に着けることができないこともあるので、未経験の募集が全くないわけではありません。ただ資格を持っていたり、実績がある、経験数が多いとなれば、就職にも有利ですし、給料面でも待遇よく雇用を考えてくれます。



知識と技術、そしてスキルを磨き経験値を上げておくこと



CADオペレーターとして業務をしたい、仕事をしたいということなら、ソフトを触ったことがないという状態では雇用は無理だと考えるべきです。少しでも技術を学び、理解していることが求められます。フリーソフトをダウンロードして独学で学んだり、スクール、また通信の講座などを利用して学ぶなど、勉強の場はたくさんあります。フリーソフトも有料の3Dなどのソフトについても、使い方などがインターネット上に掲載されているので、独学で学ぶこともできますが、資格を取得しておくと就職にも役立つので、CAD利用技術者試験などを受けて資格を取得しておくと就職しやすくなる可能性が高いです。

ただ資格を持っていれば雇用してくれるということはなく、やはり技術があるかどうか、即戦力もしくは少し業務をすれば仕事ができるという状態でなければ雇用はなかなか難しいこともあります。使い方の知識をしっかり持っているというだけでは求人があっても就職が難しいので、なるべくたくさんの図面を描いて、業務に慣れておくことも必要です。図面は描くスピードも大切なので、サクサクこなせるくらいまで実力をつけておくことで、就職も見えてきます。

簡単な図面から次第に細かい部分まで描けるようにしておくこと、また業務する職種によって持っておくべき知識も違ってくるので、建築系なら建築の知識、電子なら電子、電気設備なら電気設備等、目指す就職先で業務することを考え、業務そのものについての勉強もしておくようにします。スキルを磨くこと、作業に慣れていくことが大切ですが、正確にわかりやすい図面が描けるように努力していきましょう。

BIM求人.com CAD求人.com プラント求人.com 九州求人.com ビル管理求人.com エンジニア求人.com 建設求人 NAVI