ビル管理の仕事内容と必要資格、年収など

ビル管理とは、ビル建物内に設置された電気設備や空調設備、ボイラー設備といった各種設備の管理やメンテナンスを行う仕事です。「ビルメンテナンス(ビルメン)」という名称で呼ばれることもあり、ビルの適切な維持管理のためには欠かせない役割となっています。

そこで今回は、このビル管理の仕事について、具体的な仕事内容や必要となる資格、気になる年収についてご紹介します。

ビル管理の仕事内容とは?

ビル管理とは、ビル建物内にある各種設備の維持管理や点検、メンテナンスなどを行う仕事です。
具体的には、建物内の「電気や空調・設備の管理およびメンテナンス」「電気・水道・ガスの管理」「設備の保守や点検、不具合があった場合の業者手配」「警備・清掃」を主な業務としています。

このようなビル管理の仕事に携わるスタッフは、「ビルメンテナンス(ビルメン)」という名称で呼ばれることもあり、普段は目立たず、あくまでも裏方的な役割を果たしています。しかし、ビル管理は、利用者が快適かつ安全にビルを利用するために必要不可欠な業務であり、ビル管理スタッフがいないとビルの健全な運営が成り立たないともいえるほど、非常にやりがいのある仕事でもあります。

ビル管理の仕事に必要な資格はあるの?

ビル管理の仕事は未経験からでも始めやすいため、資格を持っていなくても仕事につくことは可能です。しかし、取得することでビル管理の仕事上、有利となる資格はあります。
以下にご紹介する資格は、取得することで手当の上乗せがあったり、より待遇のよい会社に転職できたりするなど、ビル管理の仕事につくうえでメリットも多いものです。

「ビル設備管理技能士」

「ビル設備管理技能士」は、「建物環境衛生管理技術者(ビル管理士)」とは異なる資格となっていますが、ビルの設備のなかでも「空調システム」や「衛生管理」「電気設備」の運転を監視や点検など、ビルメンテナンス設備の管理する能力を証明する資格です。

「建物環境衛生管理技術者(ビル管理士)」

「建物環境衛生管理技術者(ビル管理士)」は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づき、建物の維持管理や衛生管理の監督業務を行うことができる」厚生労働省管轄の国家資格です。
ビル管理の仕事をするにあたっては最も難易度の高い資格として知られています。

「建物環境衛生管理技術者」は、法律上、特定建築物1つにつき1人を選任する義務がありますので、取得しておくことで、就職や転職に有利になるというメリットがあります。
※特定建築物:床面積が3,000平方メートル以上ある高層ビルやホテル・商業施設および床面積が8,000平方メートル以上ある学校など。

「第三種電気主任技術者」

「第三種電気主任技術者」は、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督者としての仕事を行うことのできる資格です。

「エネルギー管理士」

電気やガス、油といったエネルギーを使用する工場や施設などの設備を管理や監視、改善を指示したりする仕事を行うことができます。

このほかにも、ビル管理の仕事をする際に役立つ資格として「ビルメン4点セット」と呼ばれるものがあります。
具体的には、建物内ボイラーの運用・管理および点検といった仕事を行うことのできる「2級ボイラー技士」や建物内の電気工事を行うことのできる「第二種電気工事士」のほか、「第三種冷凍機械責任者」や「危険物取扱者乙種4類」などといった資格がそれにあたります。

これらの資格については、別途資格手当を支給する会社も多くなっています。ビル管理の仕事で収入アップを目指す場合は、積極的に資格取得にチャレンジするのがおすすめです。

ビル管理の年収はどれくらいか?

リクルートの求人情報サイト「はたらいく」の2014~2015年調査によると、ビル管理の平均年収は約287万円、平均月収は20万円となっています。また、ビル管理の仕事で最も多い月収ゾーンは20万~25万円となっており、全体の48.1%を占める形となっています。[注1]

[注1]はたらいく「2014~2015職種別平均年収・月収100職種徹底調査 ビルメンテナンスの年収・月収データ」
https://www.hatalike.jp/h/r/H1ZZ280s.jsp?hp=%2Fresearch%2Fn0064%2Findex.html&noRedF=1

ただし、「建物環境衛生管理技術者」など、ビル管理者としての資格や、「ビルメン4点セット」などビル管理の仕事を行ううえで有利となる資格を保有していれば、資格手当の上乗せがあるため、結果的に年収は増える傾向にあります。
そのため、さらなる年収アップを目指すのであれば、ぜひさきほどご紹介した資格の取得に挑戦してみるとよいでしょう。

ビル管理はビルの適切な維持管理のために必要不可欠な仕事!資格取得でさらなる年収アップを目指せる

「ビル管理」は、利用者がビルを安全・快適に利用するために、建物内設備の適切な維持管理を行う、非常にやりがいのある仕事です。
資格がない場合でもビル管理の仕事につくことは可能ですので、経験がないという方でもひるまずチャレンジをしてみることをおすすめします。また、資格を取得することで、さらなる年収アップも見込むこともできます。資格取得の際には、社内の教育制度を上手に利用するのもよいでしょう。