土木施工管理の仕事内容 – 給与は?必要な資格は?

土木工事をするにあたって、作業員の存在ももちろん不可欠ですが、その土木工事をトータル的に管理する土木施工管理をするスタッフの存在も不可欠です。

ここでは土木成功管理の仕事内容や、気になる給与水準、必要資格などについてご説明します。

土木施工管理の仕事内容とは

土木施工管理の仕事内容をごく簡単にいうと「土木工事作業の管理役、作業員の監督役」となります。

土木施工管理と混同されやすいものとして建築施工管理というものがありますが、建築施工管理の対象となるのは建築物やそれに付帯する工事で、これに対して土木施工管理の対象となるのは、河川、道路、橋、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事です。

そして土木工事をするにあたって、土木施工管理ではおもに以下の管理をおこないます。

*安全管理
*工程管理
*品質管理
*原価管理

それぞれの管理がどういうものなのか、これから個別にご説明しましょう。

安全管理は作業員に対する管理

土木施工管理の仕事内容のひとつである安全管理は、作業員の安全を確保するためにおこなう管理です。

作業員の体調チェックや、足場や仮設などの整備状態に問題がないかなどのチェックをして、労働災害が絶対に起きないよう細心の注意をはらって管理します。

工程管理は工期と工事計画に対する管理

土木施工管理の仕事内容のひとつである工程管理は、工事の計画を立て、さらに工事が工事計画通りに進んでいるかをチェックして、もし不具合が出た場合はその調整をするという管理です。

土木工事の工程は天候などの影響を受けやすいため、それを考慮したうえでの柔軟な調整ができる力が求められます。

品質管理は設計図面と現場工事に対する管理

土木施工管理の仕事内容のひとつである品質管理は、現場工事が設計図面のとおりに、きちんと基準を満たした品質となっているかどうかを管理します。

形状・寸法・強度・材質・外観などにおいて、それぞれ定められた品質が守られていることを、試験結果や写真などを添えて証明していきます。コンクリの強度チェックなどはまさに、この品質管理のわかりやすい例のひとつです。

原価管理は予算に対する管理

土木施工管理の仕事内容のひとつである原価管理は、土木工事にかかる費用が予算内であるかどうかを管理します。

単に「予算内でおさまればOK」というのではなく、材料費や人件費など費用を項目別に管理したうえで、どれだけの費用が今までかかり、今後どれだけ費用がかかるのかということを毎月計算して、利益をしっかり確保できるよう管理します。

土木施工管理の給与はいい?

土木施工管理の仕事に従事している人の給与は30万~40万円台、年収では400万~500万円台というケースが多く、一般作業員と比べると給与額は高めになっている傾向があります。

保有資格のランクによっては、それよりさらに高収入を目指すことが可能です。

土木施工管理における重要な資格とは

土木施工管理の仕事をするにあたって重要な資格となるのが、国家資格である土木施工管理技士資格です。

土木施工管理技士資格は1級と2級があり、1級は特に土木業界で重宝される上位資格であり、資格手当も1級のほうがより高くなることが多いため、高収入を目指せるというメリットもあります。

土木施工管理技士の資格を得るためには、所定の実務経験を経て資格試験に合格しなければいけないというハードルがあるため資格保有者は常に業界内で不足ぎみとなっており、土木施工管理技士資格を保有していれば「仕事先がまったく見つからなくて困る」というようなことになるリスクをぐっと低く抑えることが可能です。

土木施工管理の仕事内容は幅広く大変だが高いニーズがあり就職先には困らない

土木施工管理の仕事は、大きな工事のなかで管理すべきものが多いため大変な部分も多々ありますが、その分一般作業員よりは待遇がやや高いというメリットもあります。

また、土木施工管理をするにあたって重要な資格である土木施工管理技士資格は、資格保有者が業界内で不足ぎみであるためニーズが高く、就職先が見つからないというリスクが非常に低いという点が大きな魅力です。