建設業界の面接でよくある質問特集!質問の意図や回答のポイントは?

建設業法改正の背景と目的

昨今の建設業界は全体的に人材の需要が高まっているため、求職者にとっては希望の仕事に就くチャンスです。
いざ応募先の面接になって慌てないためには、面接官からの質問への対策を十分にしておかなければなりません。面接ではよく質問される項目があり、それぞれの質問を想定して回答を準備しておくと安心です。

ただし、例文をそのまま使うのではなく自分が納得できるような回答にしておくといいでしょう。それには建設業界が求めている人物像や採用されやすい人はどのような人か、といった基本的な情報を知っておくことも大切です。

この記事では、面接でよくある質問ごとの面接官の意図や答え方などを説明します。

建設業界が求める人材

少子高齢化が進む日本では、どの業界においても人材不足が大きな課題となっています。建設業界も例外ではなく、慢性的な人手不足に加え昨今の建設業界へのニーズが特に増えていることで人材不足に拍車がかかっています。

なかでも東京オリンピックに向かっての建設需要の高まりや近年多発している災害への対応などもあり、建設業界への需要は高まるばかりです。

建設業界には多様な職種の人材が協力し合って一つの仕事を達成していくという大きな特徴があります。そのため、異なる職種や立場の人とのコミュニケーションがスムーズにできる能力が欠かせません。

そのうえで、困難な状況になっても仕事をやり遂げる力や協調性があることも求められています。ほかにも、リーダーシップを発揮できる人やチャレンジ精神が旺盛な人も建設業界から求められる人材です。

建設業界で採用される人の傾向・ポイント

建設業界というと技術力や体力、経験がないと採用されないのでは、と考える人も少なくありません。しかし、実際には人材不足解消のために入社後の教育を充実させている企業も多いため、応募する際には過度に心配しなくても良いでしょう。

ただし、礼儀や言葉遣いなどの基本的な資質は問われます。建設業界ではコミュニケーションスキルや前向きな姿勢が求められるため、技術は入社後に磨いていくことも可能です。建設業界で採用される人材に見られる共通の傾向を下記に記載します。

採用されやすい人の傾向

・入社したい理由が明確に伝わってくる
・仕事内容や企業について十分に学んでいる
・話し方がはっきりしている
・清潔感のある身だしなみで好感が持てる
・明るい雰囲気がある

明るさや話し方などの人の印象に関するものは、客観的に自分を見て変えていくことも可能です。そして応募したい企業の業務内容や職種について勉強をしていれば採用されやすくなるでしょう。
採用されやすい人の特徴というのはどの業界でも共通しており、一緒に仕事をしやすい人であるという点がポイントと言えます。

また、既に建設業界で働いた経験がある人は仕事内容や実績について簡潔に伝えられるようにまとめておくと良いでしょう。

建設業界の面接でよくある質問と対策

ここでは建設業界の面接で面接官からされやすい質問を紹介します。それぞれの質問に対する面接官の意図、質問への答え方、ポイントを説明するので、よく確認してから対策をしておきましょう。

志望理由

志望理由を聞く面接官の意図は、求職者の応募への思いの強さや仕事への理解度、キャリアプランを確認するところにあります。そのため、事前の準備を十分に行い応募企業に対する理解を深めながら、自分の強みをアピールすることが大切です。

「前職での職務経験を生かし御社に貢献したい」という内容の回答が良いでしょう。志望理由は業務や貢献度に絞り、給与や福利厚生などの待遇面が魅力だとしても主な志望理由として伝えることは避けるのがポイントです。

自己紹介

自己紹介では面接官への第一印象やコミュニケーションスキル、人物像などが見られます。建設業界においても重視されている人との関わりかたや、入社後に他の社員と仕事ができるのかなどがチェックされる質問です。

自分の名前を言ったあとは、1分以内で簡潔に職務経歴をまとめて伝えましょう。自己紹介は長ければよいというものではなく、むしろ実績については数字を入れるなどして短時間で相手に分かりやすく伝えるのがポイントです。

建築業界(職種)を目指した理由

建築業界での面接ではこの業界を目指した理由について質問されることもあります。
応募するのがなぜ建築業界でなければならなかったのかという理由を知るためです。たとえば、身近な人が建築業界で活躍しているため影響を受けた、といった具体的な思いを伝えると面接官に伝わりやすいでしょう。

前職を退職した理由(離職期間の長さ)

面接官は、前職を退職したのはほかの社員とうまく協調できなかったのではないか、勤務態度に問題が合ったのではないかなどの点をチェックしています。
人間関係で離職した場合でも、その後は改善点を見つける努力をしている、といった前向きな回答がいいでしょう。
ストレスに弱い、チームワークが苦手などと取られないように将来を見据えて退職したという理由がおすすめです。

また、離職期間の長さが気になる場合は「資格取得期間だった」など前向きな理由があったことを伝えるのがポイントです。

職務経歴

面接官は、応募者が入社後にどのような仕事ぶりで貢献してくれるのかを知るために質問しています。
これまでの業務経験の種類が多い場合は簡潔にまとめて伝え、なかでも応募先の企業に貢献できるような職務内容を自分の強みとして強調するといいでしょう。

そのためには応募企業に入社した場合に生かせるスキルを事前にしっかり確認しておくのがポイントです。

自身の長所と短所

自身の長所と短所を適切に把握し簡潔にまとめて伝えると、自己分析ができる人として受け取られます。ただし、長所や短所が業務に及ぼす影響についても確認されていることを忘れてはいけません。

短所をそのまま答えるのではなく、実際の仕事へ支障があるような内容は言い方を変えるなどの工夫が必要です。これまでの仕事で起こった具体的な話や短所を改善する努力をしていることなども盛り込むと、人間性が面接官に伝わりやすいでしょう。

キャリアプラン

キャリアプランを質問することで、面接官には応募者が自分なりの目標を持っているのかを確認する意図があります。仕事をするうえで将来の目的が何もなければ、一般的には離職しやすい人物でなないかと捉えられがちです。

応募先の企業がどのような人材を求めているのかを事前に調べて、持っているスキルや強みをもとにしたキャリアプランを伝えましょう。ただし、現実的に達成できないような高すぎる目標ではなく、実現可能と考えられるようなものにするのがポイントです。

周囲の友人、知人からどのように評価されているか

周囲の人からの評価を質問することで、面接官は応募者の人間関係や客観的に自己分析ができているかを知る意図があります。入社後の人間関係を予想する材料にもなるため、良い人間関係が築けることをアピールしましょう。

普段から自分を客観視する習慣をつけておけば、強みや弱みを把握できるので自分自身が成長する糧にもなります。

他に受けている企業、業界があるか

応募者の就職活動の状況を知るために面接官がする質問です。
自社が応募者の優先順位ではどこに位置するのか、ほかにどのような職種に応募しているのかを把握する意図があります。

複数の求人に応募している場合でも、嘘をつかずにその旨を伝えて構いません。ただし、あくまでも面接している企業を第一志望と答えるのがポイントです。
また、応募している職種が複数あって関連性がない場合は、一貫性がないという印象を与えてしまうので注意しましょう。

面接内容や応募職種、会社について質問があるか

一般的には面接の最後にされることが多い質問で、応募者の意欲や人間性を確認する意図があります。
面接官からの「逆質問」に対しては、あくまでも入社してからの「業務内容」に関する質問をするのがポイントです。「何も聞きたいことがない」と答えるのではなく、疑問点などを質問しながら入社後の業務に関して意欲を持っていることを示しましょう。

資格や経験に応じてよくある質問

建設業界の面接では、入社後の業務を想定して応募者の資格や経験に応じた質問をされることもよくあります。設備管理業務などの場合、経験者であれば第二種電気工事士や危険物取扱者乙種などの資格をすでに持っている場合が多いでしょう。
ただし、業務内容によっては「ワンランク上の資格取得も必要になるが大丈夫か?」といった質問もされることがあります。その場合は、たとえば「第三種電気主任技術者」「エネルギー管理士」などの上位の資格も、入社後に前向きに取得していきたいという意思を示しましょう。

また、ビルオーナーやテナント対応などの業務の場合は「人との接点が多くなるが大丈夫か」といった質問もよくあります。「ワードやエクセルをどれくらい使えるか」「CADを使った図面作成はできるか」などの実務に必要な経験があるのかについての質問も多くあります。

資格や経験に関する質問は自分の強みをアピールできるような回答を準備し対策しておきましょう。

まとめ

建設業界の企業に応募して面接に臨む場合、事前に自己分析や業界・会社についての勉強などを行い十分に準備しておくことが大切です。
また、自分の将来を見据えたキャリアプランについても、よく考えて立てておくことも必要になってきます。

建設業界で転職を考えている人は、建築・土木などの転職求人情報サイト「建築求人.jp」がおすすめです。「建築求人.jp」は未経験の場合やブランクがあっても個々のスキルに合わせた教育システムが充実しているため、安心して仕事を始められるでしょう。

保有する案件数も多いため、勤務地や案件などは応募する人の希望に沿って紹介してもらえます。前職はさまざまでも「建築求人.jp」を利用して建設業界に転職した後は離職者がほとんど出ていません。このことからも満足度の高い転職サイトであることが分かります。

実績が豊富な「建築求人.jp」にまずは登録してみてはいかがでしょうか。