施工管理で不可欠な4大管理!工程・原価・品質・安全を管理する必要性とは

建築業界での仕事を探す際に、施工管理という仕事に興味を持ったり将来的に施工管理の職務に就きたいと思ったりする人がいるでしょう。

施工管理は広い範囲の仕事をカバーしており、建築現場の司令塔として重要な役割を担います。多くの作業員や関係者と密なコミュニケーションを取り、遅延やトラブルを防いで安全に工程を進めていくやりがいのある仕事です。

施工管理は「工程管理」「原価管理」「品質管理」「安全管理」を主な軸としてマルチタスクを同時にこなしながら建築現場を動かします。今回は、施工管理の仕事の軸をなす4大管理とその必要性について紹介します。

施工管理の仕事とは?

施工管理は、建設現場において施工計画を立てたり現場全体を指揮・管理したりする仕事です。

仕事内容は多岐に渡り、現場の作業員や関連業者など、さまざまな人と関わりながら工事を円滑に進めます。

ここで、現場全体の指揮や管理をするなら「現場監督」の仕事ではないかと疑問に感じる人がいるかもしれません。「施工管理」と「現場監督」は実際のところ明確な使い分けがされておらず、求人では同じように扱われている場合があります。

しかし厳密には、「施工管理」は施工計画から予算・書類作成、安全事項など工事現場に関連する全ての事項を管理し、「現場監督」は主に工事現場での作業を管理する職務と区別することができます。

また、施工管理者には「施工管理技士」という国家資格が存在します。一方で、現場監督には資格がありません。
求人情報が施工管理なのか現場監督なのかという区別がつきにくい場合は、応募資格の有無や仕事内容の詳細を確認してみましょう。

施工管理の仕事内容は「工程管理」「原価管理」「品質管理」「安全管理」の4つの軸から成り立ちます。ここからは、それぞれの軸について詳しく紹介します。

施工管理の仕事①工程管理

工程管理は、決められた工期までに建築物を完成させることを目的に、作業日程を調整しながらスケジュールを全体的に管理する業務です。

建物の建設には多数の工程があり、多くの作業者が携わります。特に大きな建築物になると関わる人数も増え、それぞれの作業に遅れやずれがないか細かくチェックしながら全体を調整する必要があるでしょう。

現場では予期せぬ問題が発生し、遅延に繋がってしまうことがあります。こうしたことから、工程表を作成して進捗の確認や調整をするのが施工管理者の重要な任務です。
工程表を作成する際には、担当がそれぞれ効率よく作業できるようにスケジュールを組み立てます。

具体的には、P(計画)、D(実施)、C(検討)、A(改善)のサイクルを回しながら工程を管理します。
計画段階では、施工の順序や施工法を基に全体の工程表を作成。実施段階で、担当への指示や資材手配を行います。細やかに進捗を確認し、遅れがないか、問題がないかなどを検討しなければなりません。

問題がある場合は、改善するための対策を立てて行動します。このサイクルを回していきますが、先回りして起こりうる状況を想定しながら管理していくことが重要です。

施工管理の仕事②原価管理

工事にはあらかじめ決められた予算があります。原価管理は、予算の範囲内で工事が完成するように必要な資材や人件費などの原価を管理する業務です。

原価管理を細かく行うことによって割高なコストや資材の無駄を省くことができます。
予算を上回って利益が減ったり確保できなくなったりするのを防ぐには、原価を細かく計算しておくことが必要です。

また、原価管理のデータが参考値となり、今後の工事の計画が立てやすくなったり複数の選択肢を想定したシミュレーションが可能になったりします。
景気や為替の影響で原価は変動することがあるため、原価管理が難しい場合もありますが、過去のデータを基にするとどのような影響があるかを試算することができます。

原価管理によってコストを”見える化”することは、コストダウンの他にも現場環境の向上にもつながります。
施工管理者は現場で作業員に指示する必要があります。適切な数字を根拠に説明することで、作業員がそれぞれの工程をコストの面でも理解でき、納得しやすくなるでしょう。

施工管理の仕事③品質管理

品質管理は、発注者が求める品質に合った建物を実現することです。

地方自治体によって品質基準が決められているため、確実にクリアしなければなりません。施工管理における品質とは、完成時の建物の強度や密度のことをいいます。

また、設計図書や仕様書に書かれた規格から、建設に使う資材の寸法や品質が条件を満たしているか確認するのも重要な業務です。対象となる項目の試験を実施し、長期的にみても高い品質を維持できるように管理を行います。

品質管理の確認に使われるのが、「新QC7つ道具」というフレームワークです。品質管理をするために必要なデータの特性や要因などの分析し、改善に向けて活用できます。

<新QC7つ道具に含まれる要素>

  • 親和図法
  • 連関図法
  • 系統図法
  • マトリックス図法
  • アローダイアグラム
  • PDPC法
  • マトリックスデータ解析法

品質管理を行うメリットは、発注者の期待通りの建物を実現すると、企業としての評判が上がり信頼を獲得できる点です。
また、建物の欠陥を防いだり、発注者からクレームが発生した際に確認作業がしやすくなったりするでしょう。

施工管理の仕事④安全管理

建築の現場には、さまざまな危険や事故が伴う場合があります。怪我や死亡事故など最悪のケースを防ぎ、全ての工程が安全に行われるような作業環境を確保する必要があります。

建築現場には複数の業者が関わり、作業の内容も工程が進むにつれて日々変わっていきます。このような環境の中で、想定される危険に対して対策を施し、全ての作業員の安全を守るのが施工管理者の重要な任務です。

また、万が一トラブルが起こってしまった場合は、いかに危険を最小限にとどめるかが重要なポイントです。日頃から安全管理の基盤を築いておくと不測の事態に素早く対応することができるでしょう。

建設現場で安全管理をするためには以下のような対策が取られています。

対策 内容
機材点検 現場で使用する機材の安全確認
工法の確認 決められた工法に従って作業されているかをチェックする
危険予知運動 作業中にどのような危険が起こりうるかを想定し事故を未然に防ぐ
作業員の健康状態チェック 作業員の疲労や体調不良がないかを確認し、ヒューマンエラーを未然に防ぐ
5S活動 「整理・整頓・清掃・清潔・躾」のイニシャルを取ったもの。作業場を常にきれいに整頓することによって生産性を向上したり事故を防いだりする試み
ヒヤリハット事例の情報共有 「ヒヤリハット」は重大な事故につながってもおかしくないようなミスや事象のこと。事例を共有することで防災意識を高める

施工管理者は、安全管理のルールや習慣を現場全体に周知徹底する必要があります。さらに、実際の作業中に巡回して必要があれば改善のアドバイスをすることも大切です。

施工管理の仕事に向いている人とは?

施工管理の仕事では「工程管理」「原価管理」「品質管理」「安全管理」の4つを軸としてプロジェクト全体を管理していく能力が必要になります。

複数の作業員や協力企業に対して指示を出して動かしていく必要があるので、チームを引っ張るリーダーシップも重要です。

また現場の大小に関わらず、コミュニケーション能力も必要となるでしょう。建設現場では、発注者や現場の作業員をはじめ、役所関係者や近隣の住民など多数の関係者と連携をとって工事を進めていくことが大切です。コミュニケーションを密にとり、良好な人間関係を築いていくと進行もはかどります。

また、施工管理では予期せぬトラブルや資材・人材の不足によって遅延が発生してしまうことがあります。原価の変動によって予算が変わってしまうこともあるでしょう。始めに立てた計画が予定通り進むとは限らないのが建築現場の日常です。

そのため、施工管理者には問題解決能力や判断力を持って臨機応変に対応する力が求められます。さらに、複数のことを同時に抱えても優先順位をつけてこなしていけるマルチタスクに強い人材が適していると言えます。

【まとめ】施工管理の仕事を探すなら建築業界専門の求人サイトを使おう

施工管理の仕事は、責任感と達成感が得られてやりがいのある職種です。
作業員や取引先と積極的にコミュニケーションを取り、周囲の信頼を獲得してプロジェクト全体を動かしていきます。

多くの作業員や業者と関わりながら1つのゴールを目指してチームワークを発揮する必要があるため、リーダーシップのある人が向いているでしょう。また、施工管理者のアプローチ次第で、作業員にとってより働きやすい職場を作っていくことができます。担当する業務が多いので多忙になりますが、実際に建物を完成させることができたときに得られる達成感は計り知れません。ものづくりによって社会に貢献することができます。

施工管理の仕事を探す場合は、建築関連の求人で実績を重ねてきた「建築求人」のサイトを確認してみてはいかがでしょうか。「建築求人」は建設事業に特化しており、未経験者からベテランまでさまざまな人を対象にしています。職種カテゴリごとに求人が探しやすくなっているので、一度調べてみましょう。