建築・土木などの転職求人情報なら 建築求人.jp

未経験でも可能な建築求人で新しい道を切り拓く

未経験が募集される建築求人とは

建築の分野と言えば、経験がなければハードルが高いというイメージを持たれることが多くなっていますが、実際には未経験者可の求人もたくさん見つけることができます。未経験が募集される建築求人の中でも、よく見かけるものとして建築施工管理があります。これは、いわゆる建築における現場監督のことで、未経験の場合にはアシスタント業務から入ることが一般的です。

書類の作成や入退場チェックといったものが最初の仕事になりますが、現場代理人から指導がありますし、慣れたら少しずつ次のステップへと進めていけるシステムを採用している企業も多く、安心です。また、土木施工管理という土木工事における現場監督や、電気施工管理という電気工事における現場監督についても、同様に未経験者がアシスタント業務から入れる仕事として募集されることの多い建築求人です。

これらの施工管理の仕事はコミュニケーション能力が問われる業種のため、前職で接客に携わっていた人たちが多く活躍しているという特徴があります。つまり、建築に関する知識や資格がなくてもそれ以上に人と交流することが苦でない人に向いている仕事であると言えます。未経験でもアシスタントから入って専門的な知識や技術を身に付けていくことができるので、今まで接客ばかりだったけれどそろそろ手に職をつけたいと考える人や、専門知識を身に付けてこれからの社会に通用する人間になりたいという人におすすめです。また、正社員への道を開ける業種でもあります。専門知識を身に付けて正社員を目指したいという方や、フリーターから一発逆転したいという方にとっても絶好のチャンスとなる可能性が高いです。

未経験が募集される現場以外の建築求人とは

建築求人で未経験が募集されているのは、現場の仕事だけではありません。前職が活かせる営業や事務、他分野やフリーターからでも転職しやすいビル管理といった職種もあります。

建築求人における営業には、リクルートコンサルタント、クライアントへの企画提案、技術者管理などが含まれます。リクルートコンサルタントというのは、建築会社における新規人材採用や人材育成をサポートする職種で、人材コンサルタント、リクルートコーディネーターなどとも呼ばれています。営業や接客の仕事に就いていた方や、人とコミュニケーションをとるのが好きな方に最適ですが、全くの未経験でも入りやすい職種です。男女問わず年齢も関係なく活躍できる職種でもあり、今後ますます需要が高まっていくことが予想される存在です。また、技術者管理というのは、現場で働く技術者たちの状況をチェックし、問題点を拾い出してアドバイスを行ったり、それを人事担当へ報告したりといったことが主な任務となります。こちらもコミュニケーション能力が必要となる職種のため、営業や接客経験者に適している他、建築現場で働いた経験のある方や、人事や採用経験者にとっても働きやすい内容です。

一方、建築求人における事務には現場事務スタッフ、CADオペレーターなどがあります。現場事務スタッフの主な業務内容は工事現場におけるサポート業務であり、一般的なPCスキルがあればすぐに働くことができるのに対し、CADオペレーターは建築工事に関する図面などの資料を作成したり、配置図の修正を行ったりと少し専門性の高い内容となります。CADを扱えることが条件とされますが、講習の場を設けている会社も多いので、未経験でも受け入れ可能な企業もあります。

就職後に取得を目指したい建築系の資格

就職したあとに取得できる資格は豊富にあります。例えば、建築の分野で重宝される資格の代表格としては施工管理技士があり、国内の建設分野における特定技術を国土交通大臣によって認定される国家資格です。施工管理技士には建築、土木、電気工事などが建築求人ではよく目にするところで、それぞれの分野における現場監督の仕事に有利となります。その他、施工管理技士としては管工事、建設機械、造園施工があります。管工事士は冷暖房や空調、給排水給湯などの設備、ガス配管などの管工事を任される存在であり、建設機械は建設機械の運転技術者および主任技術者として活躍できる資格、そして造園施工は庭園やテーマパーク、緑地などの施工計画から管理までを任される資格です。

建築の現場においては、建物の設計から工事監理、手続き事務に至るまでを任される国家資格である建築士も欠かせない存在です。建築士の業務は非常に広い範囲にわたるため、最近では一部の業務を専門的に行う建築士もいます。それだけ、未経験であっても取得しておくと幅広い建築求人で優遇されやすくなります。

なお、建築求人は決して建物を築き上げる仕事ばかりではありません。建物内部の床や天井、壁、カーテンなど内装を整える専門家である内装仕上げ施工技能士という資格もあります。

資格を取得することで仕事の幅が広がるため、積極的に勉強していくのがおすすめです。