積算とは?お仕事内容や必要な能力を徹底解説

設計図や仕様書をもとに、使用する材料や数量を計算して、建築にかかる見積りを算出する積算業務。
主にデスクワーク中心の業務ですが、高い専門性を要求される仕事です。業務を行うにあたっては、建築に関する知識のほか、正確な計算力、周囲との交渉能力が必要となります。そして、専門性を活かして長く働き続ける方が多いという特徴がある職種でもあります。
今回は、積算業務の「仕事内容」「必要な知識や能力」「必要となる資格」などを取り上げ、詳細について紹介していきます。

積算ってどんな仕事?

積算とは、設計図や仕様書をもとに、使用する材料や数量を計算して、建築にかかる工事費(見積り)を算出する業務です。積算で算出した金額は、工事物件の受注を左右するものでもあり、建築に関わる業務のなかでも非常に大きな役割を果たしています。

積算業務は建築についての専門性の高い業務であり、求められる能力も多くなっています。設計図や仕様書を読めることはもちろん、建築に関する専門知識があることは大前提です。

なお、近年は積算業務に専用ソフトを使用するところも多く、経験がない場合でも積算士としての採用を行う企業が増えています。しかし、その場合でも自分から進んで知識の習得を目指す積極性が必要となります。

担当する物件数が多いときや、年末の繁忙期などは一時的に激務となる傾向にありますが、専門性を活かして長く働き続けることができるのが積算業務の特徴です。

積算業務に必要な知識や能力は?

積算業務を行ううえでは、「設計図や仕様書の読み方」「使用する資材の相場」のほか、「工事工程や工法、用語の知識」といった建築に関する専門知識が必要となります。
また、正確な見積り内容を提示するためにも、「数字への強さ、高い計算力」を持っていることも重要です。

そのほかにも、建築主だけでなく、現場を担当している現場監督や工事の請負業者など工事にかかわるさまざまな人との交渉ごとも多いため、しっかりとしたコミュニケーション能力も欠かすことができない能力です。そういった点では、デスクワークのイメージが強い積算業務ですが、ただ机にかじりついているだけでは務まらない仕事ともいえます。

このように、建築業界特有の専門知識と計算力のほか、粘り強いコミュニケーション能力を必要とするのが積算業務です。

積算業務に必要な資格は?

積算業務を行うにあたって必要となる資格はありません。

しかし、資格取得によって、手当の支給を行っているところも多く、さらなる年収アップを目指すのであれば、資格取得を視野にいれてみるのもよいでしょう。

たとえば「建築積算士」や「建築士」の資格は、取得により資格手当を受けることができるほか、積算業務を行ううえで有利になることも多くなるとされています。

取得していることで顧客からの信頼を勝ち取ることができたり、積算未経験でも採用時に優遇されたりする可能性もありますので、ぜひ積極的に資格取得にチャレンジしてみましょう。

積算業務は未経験でもチャレンジできる?

積算業務は未経験でもチャレンジすることができます。未経験で応募を考えている場合は、「未経験OK」の求人に応募してみるようにしましょう。

ただ、経験がないことで、実際に業務に入ってからの知識の習得には時間がかかる場合もあります。そんなときは、自ら積極的に学んでいく姿勢がより一層必要になってくることはいうまでもありません。

また、未経験からですと、積算だけでなく営業などほかの業務を含んだうえでの採用となっている場合も多くなっています。そのため、採用の際には、業務の内容についてしっかりと確認しておくことが重要となります。

積算業務はどんな人に向いている?

建築主が納得する根拠のある見積りを出すためにも、積算業務を行う人はまず「計算力の高い人」であるのが大前提です。いい加減な見積りを提出してしまうと、相手方の信用を得ることができないのはもちろん、金額面でのトラブルに発展し、最悪の場合は受注の機会を失ってしまいます。

また、業務を遂行するうえでは、不明点があった場合にそのままにせず、きちんと設計者に確認をするなど、慎重さとコミュニケーション能力を必要とする場面もあります。周りの人と調整を図りながら丁寧な仕事をできる人であることは積算業務では重要なことです。

高い専門性を必要とする積算業務は経験を積みながらスキルアップを目指そう!

積算は、工事物件の受注を左右する非常に責任ある業務です。そのため、丁寧な仕事ができる人、慎重に仕事を進められる人に適性のある仕事といえます。

また、高い専門性を活かして長く働き続けることができるというのが積算業務の特徴です。業務を行ううえでも常にスキルアップを怠らず、経験を積みながら知識の習得を行う姿勢が重要となります。