CADオペレーターとは?仕事内容や役立つ資格を解説!

パソコンで建築物や機械部品の設計・製図を行うためのシステムであるCADを操作し、図面の作製・調整・修正するのがCADオペレーターの仕事です。

CADオペレーターは活躍する場も多く、需要も高いことから注目されている職業ですが、実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

また、どのような資格があればCADオペレーターの仕事に役立つのか気になるところです。

ADオペレーターの仕事内容や、役立つ資格について解説します。

CADオペレーターの仕事の基本は正確な図面を描くこと

CADと聞くと、建設や製造、インテリアなどの業界が主な職場と思われがちですが、最近ではアパレルやCG産業においてもCADオペレーターの需要が高くなっています。

  • 建設(建築・土木)
  • 機械製造
  • 自動車・飛行機など輸送機器の設計・デザイン
  • 電子部品の設計
  • 家具・服飾品の設計・デザイン
  • CG内の建築物や機械のデザイン

CADには2次元と3次元の2種類ありますが、どちらも設計士やデザイナーの意図や要望を把握し、指示に従って正確な図面を描くことが求められます。

CADオペレーターの具体的な仕事内容

CADオペレーターの具体的な仕事内容は次のとおりです。

図面データの修正

一度CADで製図された図面に修正が加えられることは珍しくありません。建築物や製品の製造過程で図面の精度をあげる必要があったり、諸事情で仕様変更が必要になったときは、図面データも修正しなくてはなりません。

迅速にかつ正確に対応するスキルが求められます。

作製した図面データの管理

作製した図面データの管理もCADオペレータの仕事の1つです。図面を引き渡した後も、図面データの確認や修正が必要となることも多いため、すぐにデータの取り出しができるように管理します。

文書作成や電話対応など一般事務との兼務

CADオペレーターがオペレーター業務の他に、仕様書作成や電話応対などの一般業務もこなす必要がある職場もあります。

CADオペレーターになるにはCAD使用経験ありが推奨

CADオペレーターは業務に必須の資格はありませんが、実際にCADを使用した経験があったほうが、採用率は高いです。業界や企業によって使用するCADソフトは異なりますが、CADの経験があれば慣れるのも早いからです。

CADの知識がない場合は、独学かスクールなどに通い、メジャーなCADソフトの操作技術の習得をおすすめします。

他にもCADオペレーターに役立つ資格や経験についてご紹介します。

PCの基本ソフトが扱える

WordやExcelなどの基本ソフトや、設計士やクライアントとメールでデータファイルのやりとりなどがあるため、PCの基本ソフトが扱えて、一般的なPCを使った作業ができることが求められます。

設計や製図の知識+業界の専門知識

設計しやデザイナーの指示に従ってCADを操作できればCADオペレーターとして問題はありませんが、スキルアップ、キャリアアップには設計や製図に関する知識を身につけておくことをおすすめします。

仕事をする業界ごとの専門知識があれば、設計しやデザイナーの指示も理解しやすく業務もスムーズに行えます。

CAD関連の資格を取得

CADに関する資格をとっておくと、オペレーターとしてのスキル証明になるため、採用に有利な可能性があります。

  • CAD利用技術者試験(2次元・3次元)
  • 建築CAD検定
  • CAD実務キャリア認定制度

CAD利用技術者試験には、2次元(基礎・2級・1級)、3次元(2級・準1級・1級)といったレベルがあります。CAD関連の資格では知名度が高く、特に業界や機械部品製造業界のCADオペレーターを目指す人におすすめです。

建築CAD検定は、建築系のCADに特化したもので、図面の作製・トレースなどの技術認定です。

CAD実務キャリア認定制度は、実務的な技術・技能を認定する資格で、次の3つの試験があります。

  1. 3次元CADトレーサー認定試験
  2. 3次元CADアドミニストレーター認定試験
  3. CADアドミニストレーター認定試験

CADオペレーターに向いている人の条件は3つ

CADオペレーターの仕事に興味を持ってはみたけれど、自分に向いているかわからないという人には、次の条件に当てはまるかチェックしてみましょう。

  1. 長時間のPC作業が苦にならない
  2. 几帳面で細かい作業も苦にならない
  3. ものづくりに興味がある

1. 長時間のPC作業が苦にならない

CADオペレーターは長時間PCに向かって仕事をします。集中力と忍耐力が求められます。

何時間も机に向かって作業するのが苦手な人や飽きっぽい人は、CADオペレーターには不向きかもしれません。

2. 几帳面で細かい作業も苦にならない

CADオペレーターには、正確さと責任感が求められます。設計図でサイズがほんの少し違っていただけで、致命的な欠陥となることもあるからです。

細かい部分を1つずつ確認しながら正確にかつ効率よく作業を進められる人や長時間の単純作業が苦にならない人に向いている仕事です。

また、複数の図面の製図や修正を一度に行うことも多く、効率よくテキパキと正確に仕事ができる人におすすめです。

3. ものづくりに興味がある

CADオペレーターが関わる設計や製図は、何かのものづくりに使われるものです。

ただCADを操作して図面を書くだけより、何に使われる、どのようなものなのかと興味を持つことはスキルアップになるでしょう。

世間で使われているあの製品が自分が CADで描いたものから作り出されたと考えてやりがいを感じる人は、CADオペレーターにぴったりです。

CADオペレーターは世の中のさまざまなものづくりに貢献できる仕事

CADオペレーターの活躍場所は建設・機械製造の業界に始まり、今はアパレルやCG産業にまで広がり、需要も高めです。

設計士やデザイナーの指示に従ってCADで正確な図面を作るのが主な仕事内容です。

CADオペレーターになるのに必要な資格などはありませんが、実際にCADの操作経験があることや、設計やデザインの知識を持っていたほうが就職に優位になる可能性があります。

また、長時間PCに向かって単純作業を正確にかつスピーディーにこなせる人はCADオペレーターに向いています。特にものづくりに興味がある人は、スキルアップが望めて需要も高いCADオペレーターを目指してみるのもおすすめです。