施工管理の転職におすすめの時期は? 成功につながる転職活動のポイント

施工管理の転職におすすめの時期は?

施工管理の転職を考えているなら「いつ転職活動を行うのがベストなのか」が気になるのではないでしょうか。転職をより成功させたいなら、よりよいタイミングで転職しましょう。

今回は管理施工の方が転職しやすい時期を経験者・未経験者別に解説。年代別の転職活動や、転職を成功に導くコツも紹介します。施工管理で転職を考えている方はぜひお役立てください。

施工管理の転職におすすめの時期は?

施工管理の転職におすすめの時期は?

転職におすすめのタイミングとは、「求人が多い時期」のことです。求人が多ければ、選択の幅も広がります。施工管理の人材は慢性的に不足しているため、転職はそれほど難しくありません。それでも求人が増えて選択肢が多い時期には、より希望に近い職場の取捨選択が可能です。

施工管理の転職のベストなタイミングは、「施工管理の経験者か未経験者か」「施工管理技士の資格があるかないか」「転職したいのは大企業か中小企業か」などによって変わってきます。具体的に説明していきましょう。

経験者・有資格者の場合

即戦力となる経験者や施工管理士の有資格者は、原則としてどの時期でも転職しやすい傾向にあります。そうした中でも、よりたくさんの求人の中から希望に近い職場を選ぶなら「2月〜3月」と「8月〜9月」の時期がよいでしょう。この時期がよいのは、次の理由からです。

2月~3月

2月〜3月には求人数が増加します。多くの企業が4月に期初を迎えるためです。企業は4月の期初に合わせて採用計画を決めます。期初には新卒だけでなく、中途採用も採用するため期初に間に合うよう、2月〜3月に人手を募集する企業が増えるのです。

また建築業界では、公共事業や工事の集中する年度末に退職・転職する人が増えます。2月〜3月は欠員を補充するための求人も多くなるため、転職先を探しやすくなります。

8月~9月

10月は下半期のスタート時期。期初と同じく体制を見直す企業が多いため、求人数が増えます。8月〜9月に求人数が増えるのは、夏に支給されるボーナスをもらって辞める人が多い影響もあるでしょう。8月〜9月は、4月入社の新卒社員への教育が落ち着く時期でもあります。入社しても辞めていく新卒の社員もいるため、この時期に中途採用の募集を行う企業も増えるのです。

未経験者の場合

未経験者が転職する場合は「4月〜6月」がおすすめです。求人が増える2月〜3月と8月〜9月がよさそうと思うかもしれません。しかし、その時期には同時に経験者の応募も増えます。即戦力を求める企業には、経験者や有資格者が優先されやすく、未経験者は不利になる傾向があるのです。

未経験者が転職する場合は、求人が多い時期ではなく、繁忙期後の閑散期に応募する方がよいでしょう。建設業の繁忙期は、9月末および12月末〜3月末といわれています。理由は、公共事業や法人向け工事が決算前に終わるタイミングのためです。

4月〜6月には、閑散期に入る企業も増えます。企業側に「未経験者を育成する余裕」がある時期といえるでしょう。このタイミングでは育成採用枠も広がるため、未経験者でも採用につながりやすいと考えられます。「未経験者歓迎」「資格取得支援制度あり」などと書かれている求人を狙ってみてください。

大企業と中小企業の募集時期の違い

大企業と中小企業では、応募しやすい時期が異なることも知っておきましょう。大手企業の場合、一般的に決算後の人事異動のタイミングとなる、春と秋に中途採用を進める企業が多くなります。

一方で新卒採用の人材が集まりにくい中小企業では、不定期な募集も少なくありません。募集が長期にわたっていたり、繁忙期に欠員募集をかけたりする場合もあります。募集時期がはっきりしない中小企業であれば、求人情報の定期的なチェックも大切なポイントです。

施工管理の転職で避けた方がよい時期は?

施工管理の転職にとって、「9月末」「12月末〜3月末」は注意しておきたい時期です。前述したように9月末と12月末〜3月末は、公共事業や法人向け工事が決算前に終わるタイミングとなるため、建設業の繁忙期と重なります。採用よりも現場の仕事が優先されるため、この時期の転職は避けた方が無難でしょう。

退職希望は早めに会社に伝える

現在の職場に退職の意思を伝えるなら、余裕をもって早めに伝えることをおすすめします。現場での施工管理の仕事は、途中での引き継ぎが難しいため、担当している現場が終わるまで退職が困難なためです。

あらかじめ「今の現場が終わったら退職します」と伝えておかないと、次の現場に配置されてしまうこともあります。現場が落ち着くタイミングや転職活動の期間を考慮して、なるべく早く退職の意思を伝えておきましょう。

早めに伝えておけば、退職を巡るトラブルにもなりにくく、業務の引き継ぎもスムーズです。自分が担当してきた業務の内容を整理して、現場が終わり次第、退職できるように準備を進めておくと安心です。

【年代別】施工管理の転職に必要な経験や資格

【年代別】施工管理の転職に必要な経験や資格

施工管理の仕事では、転職希望者の年齢によって求められる人物像が変わってきます。「20代〜30代前半」「40代」「50代」の3つの世代別に、どのような経験や資格が求められるかを紹介していきましょう。

20代〜30代前半:未経験でも転職可能

管理施工の仕事が未経験でも、30代前半までなら転職は歓迎されるでしょう。企業が今後の活躍に期待して、ポテンシャル採用を行うためです。ポテンシャル採用とは、人材の可能性を評価する採用方法のこと。経験や資格よりも熱意などを重視して採用の可否を判断します。

ポテンシャル採用を希望するなら30代前半までに応募してください。ポテンシャル採用は、人材不足に悩まされている建設業界では、未経験でも若い人材を確保する方法として注目されています。施工管理技士など、実務経験を積むことで受験できる資格もあるため、働きながら資格の取得も可能です。

ただし「20代では転職回数が3回まで」など、転職回数を採用の基準としている企業もあります。施工管理は忍耐力も要求される職業です。例えば3年以内の転職を繰り返していた場合、「忍耐力がなく、すぐ辞めそう」と判断され、採用を見送られることもあります。

30代後半〜40代:一定の実績と資格が必要

30代半ば以降の世代では、ある程度の経験値が求められます。年齢が上がるほど経験やスキルが重視されるため、30代半ば以降で転職を考えているなら、できるだけ早いうちに転職活動を始めるとよいでしょう。

作業者なら「職長経験」、施工管理職なら「代理人経験」、設備管理職なら「選任経験」などが求められます。工程管理・出来形管理・品質管理・原価管理・安全管理などの経験があるならしっかりとアピールしましょう。

経験だけでなく、資格の有無も採用の重要な判断材料です。建設業では資格の必要な業務が多数あるためです。建設施工管理技士・土木施工管理技士・電気施工管理技士などの資格があるなら、証明書も用意しておきましょう。

50代~:資格と経験+マネジメント能力

50代になると、施工管理の経験や資格に加えて、マネジメント経験も採用時の判断材料になるケースが多いでしょう。腕のよい職人さんを知っているなど、人脈に期待する企業もあります。

建設業界は職人気質の人も多く、若い施工管理技士の指示に従うことに抵抗感を抱く人もいます。そのため50代の施工管理技士には、人生経験を活かしてリーダーシップを発揮しながら、現場作業員を統率するマネジメント能力(管理能力)が求められるのです。

一般的に50代の転職は難しいとされていますが、施工管理など建設関連の仕事では、年齢の高い世代でもマンパワーとして歓迎される傾向にあります。ただし体力の衰えや定年もあるため、なるべく早い時期の転職がおすすめです。

施工管理の転職を成功させるためのポイント

施工管理の転職を成功させるためのポイント

施工管理の転職を成功させるポイントは4つ。「転職理由や目的を明確にする」「条件に縛られすぎない」「複数の会社を比較する」「気になる会社があったら応募してみる」です。それぞれ詳しくみていきましょう。

転職理由や目的を明確にする

転職を成功させるには、転職の目的や理由を明確にすることが大切です。なぜ今の仕事を辞めたいのかを明確にせずに「ただ、今の仕事を辞めたい」といった気持ちだけで転職活動をしても、うまくいきません。

現在の仕事のどのような点が不満で、どのような状況になれば納得できるのか、自分の内面を分析しましょう。転職の目的を明確にすれば、転職活動の期間短縮にもつながります。

条件に縛られすぎない

目先の条件に縛られすぎないことも大事です。一部の条件だけよくても、自分の成長につながらない仕事は長く続きません。全ての希望を叶えられる完璧な企業はないと考えてください。より希望に近い企業を選ぶことが大切です。

そのためには、希望の条件をリストアップして、優先順位を付けてみましょう。譲れない条件を優先しながら、条件に優先順位をつけていけば、転職先を絞りやすくなるはずです。

複数の会社を比較する

転職先は複数の会社をピックアップして検討しましょう。複数の企業の条件を比較することで、相場から大きく外れた企業を除外できます。

比較する際は同じような企業に限る必要はありません。施工管理の仕事があるのはゼネコン・ハウスメーカー・デベロッパー・リフォーム会社などさまざまです。建築・土木・空調・電気設備など、異なる分野の施工管理の仕事を比べてみてもよいでしょう。

その際も自分で決めた優先順位に従えば、希望に近い企業を選びやすくなります。

気になる会社があったら応募してみる

少しでも気になる会社があったら、応募してみるのもおすすめです。頭の中であれこれ迷うより、応募して話を聞いてみましょう。

面接に足を運べば、会社の担当者と直接話せます。心配な点などを直接、質問すれば不安が解消されることも少なくありません。会社に行ってみれば、社内の雰囲気も分かるでしょう。

求人情報を比較検討しているときは、第二志望や第三志望の会社であっても、実際に話を聞いてみれば第一志望に変わることもあります。

まとめ

施工管理の転職は、ベストなタイミングを選ぶことで、より良い選択肢を得ることができます。経験者なのか未経験者なのか、希望するのが大企業なのか中小企業なのか、自分の年齢なども考慮しながらよりよい会社を選びましょう。

転職する際の会社選びに迷ったら、「建築求人.jp」を利用してみてください。建築・土木・空調・衛生・電気設備など、日本全国の施工管理の転職求人情報を紹介しています。Web面談で施工管理の転職に関する相談も可能です。応募から就業までをトータルでサポートします。

2022年現在、人事総務が選ぶ転職サイトで「口コミ評判」「満足度」No.1(※)。施工管理の未経験者はもちろん、ベテランの施工管理士向けの求人も豊富です。気になる方はぜひお気軽にご連絡ください。

※:調査方法:インターネット調査、調査期間:2021年9月10日~14日、調査概要:建設業界転職サイト10社を対象にしたサイト比較イメージ調査、調査対象:全国の20代~50代の男女(人事総務担当者)1013名、アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

求人のお問合せ